HOME>一般常識>「汎用(はんよう)」と「汎用(ぼんよう)」の違いと読み方

一般常識

「汎用(はんよう)」と「汎用(ぼんよう)」の違いと読み方

「汎用」の「はんよう」「ぼんよう」違いと正しい読み方

「汎用(はんよう)」と「汎用(ぼんよう)」の意味の違いと正しい読み方

「汎用」は、「汎用性が高い」などのように、日常でも比較的よく聞かれる言葉です。しかし、その読み方については、意外に誤解されているケースが多くなっています。果たして「汎用」は、「はんよう」と読むのが正しいのでしょうか、それとも「ぼんよう」と読むのが正しいのでしょうか。

今回は、「汎用」という熟語の「はんよう」と「ぼんよう」の読み方の違いについて、詳しく解説していきたいと思います。

汎用(はんよう)

「汎用」とは、「いろいろの方面に広く用いること」という意味の言葉です。「汎用機械」「汎用性が高い部品」などのように使われます。

「汎」の字は「広く行きわたる」「全体にわたる」を表し、「用」の字は「役立てる」「はたらき」などを表します。

「はんよう」は、「汎用」の正しい読み方になります。
「汎」の音読みは、正式には「はん」しかありません。「ほん」というものもありますが、こちらは表外読み(常用漢字表にない読み方)にあたります。「汎用」の他には、「広汎(こうはん)」や「汎神論(はんしんろん)」などのように使われます。
ですので、「はんよう」以外の「汎用」の読みは、全て間違いということになります。

汎用(ぼんよう)

「汎用」を「ぼんよう」と読むのは、上記のように間違いです。すでに述べたように、「汎用」は「はんよう」としか読まれません。

「汎用」を「ぼんよう」と読むケースがあるのは、「汎」と「凡」を混同した結果と考えられます。「凡」は「平凡(へいぼん)」「凡才(ぼんさい)」などのように、音読みで「ぼん」と読まれるためです。また、意味合いは全く異なるものの、「凡庸(ぼんよう)」という熟語と字面が似ていることも、こうした混同に影響していると思われます。場合によっては、「汎用性」のつもりで「凡庸性」と書くケースもありますが、もちろんこれは、完全な間違いにあたります。

このように、「汎用」を「ぼんよう」と読むのは誤りなので、「はんよう」と正しく読むように気をつけましょう。

「早急(そうきゅう)」と「早急(さっきゅう)」の意味の違いと読み方

「凡例(はんれい)」と「凡例(ぼんれい)」の違いと読み方

「汎用(はんよう)」と「汎用(ぼんよう)」の違いと読み方

「発足(ほっそく)」と「発足(はっそく)」の違いと読み方

「貼付(ちょうふ)」と「貼付(てんぷ)」の違いと読み方

「代替案(だいたいあん)と(だいがえあん)」の違いと読み方

「世論(よろん)」と「世論(せろん)」の違いと読み方

「遵守(じゅんしゅ)」と「遵守(そんしゅ)」の違いと読み方

「重複(ちょうふく)」と「重複(じゅうふく)」の違いと読み方