HOME>ビジネス知識>本店・本社・支店・支社・営業所・出張所・事業所の違い

ビジネス知識

本店・本社・支店・支社・営業所・出張所・事業所の違い

本店・本社・支店・支社・営業所・出張所・事業所の違い

本店・本社・支店・支社・営業所・出張所・事業所の違いについて

「本店と支店の違いは?」と聞かれれば何となくでも答えられる方も多いと思います。
しかし「営業所と支店の違いは?」「本店と本社の違いは?」「支店と支社の違いは?」と聞かれると答えられない、または、はっきりとその違いを知らない方も多いと思います。

中には、店舗の場合には本店・支店、法人向けの営業などを行う会社の場合には本社・支社と使い分ける方もいますが、実際には本店と本社、支店と支社には大きな違いが存在しています。

ここでは、本店・本社・支店・支社・営業所・出張所・事業所の違いについてご紹介していきます。

本店

本店とは登記簿謄本に記載された事業所を指す言葉になります。
そのため本店となる場所(住所)で会社の中枢業務を行う会社が多いですが、登記は自宅の住所で行い、実際の業務は別の事業所で行う会社もあることから「本店=会社の中枢業務を行う場所」となる訳ではありません。

また、会社法上「会社の住所は、その本店所在地にあるものとする」など定義づけていることから「会社の住所は?」と言ったことになれば、支店や営業所などが多数あったとしても本店として登記している場所が会社の住所という事になります。

本社

本店とは違い会社法などで定義づけられている言葉ではありません。
そのため、謄本上も本社と言った表記はされず本店と記載されていますが、一般的には本店と同異義語として使われることが多くみられます。

ただし上記の例のように実際に業務を行わない自宅などを本店としている会社などでは、会社概要に本店の他に中枢業務を行う本社として本店とは違う住所を本社として表記している会社もあります。

支店

支店とは本社と離れた場所にある事業所でかつ登記がされている拠点のことを指します。つまり登記がされていれば、本社以外は支店と言うことなり、登記がされていなければ法律上は支店とはなりません。
また、必ずしも遠方にある必要はなく、本店の真隣のビルに構えたとしても住所が異なれば支店ということになります。
ただし、登記されていない拠点を支店と名乗っている会社が多いのが現実です。

本来の支店は本店の管理下におかれますが、大きな権限を持ち営業などの他に人事部や経理部などを本社とは別に設置していることが多くなります。また、契約をする際に使われる実印も支店として独自に作成・登録することができるため契約なども支店独自に行えるようになるため意思決定などをスピーディーに行うことができます。

この後紹介する営業所などを管理・統括するのも支店の役割となります。

支社

支社と支店に法律的な違いはありません。

新宿支店や日本橋支店と言われるように銀行など対面で接客を行う店舗などの場合には支店と使われることが多いですが、事務所として使われる場合には支店と使う会社もあれば支社と使う会社も存在します。

営業所

営業所とは簡単に言えば営業活動を行うための拠点と言った意味となります。
支店でも触れましたが支店が法務局に登記する必要があるのに対して営業所は登記されていないものを指します。

支店や営業所は本店と違う場所に設置することで営業活動を効率的に行えるようになったり、採用活動をしやすくなるなどメリットがあります。
しかし営業所は支店と違い登記されていないことから「登記をする必要がない」「支店単位で均等割の納税義務が発生しない」などのメリットがある一方で支店に記載したような実印を作成・使用することができません。

法律上は上記なような違いがありますが、一般的には営業活動などを行うための人員や機能しか持たないことが多く、分かりやすく言えば本社や支店いる人事や経理などの担当者が営業所にはいないと言った違いがあることがほとんどです。

出張所

銀行や区役所などに多い出張所は支店などとは大きな違いがあります。

銀行法施行規則によると「本店とは、銀行の業務を統括する施設であって、本店として登記がなされているもの」そして「支店とは、営業所のうち本店に従属し、当該営業所の名において、かつ、その計算において、銀行の業務を営む施設」と定義されています。
そして「銀行の本店及び支店以外の営業所(以下「出張所」という)」と記載されていることから「本社および支店以外の営業所=出張所」という事になります。

また、区役所では支店を「市区町村内の特定区域を限り、主として市町村の事務の全般にわたって事務をつかさどる事務所」定義し、出張所を「住民の便宜のために市役所又は町村役場まで出向かなくてもすむ程度の簡単な事務を処理するために設置するもの」と定義されていています。

そのため本店や支店とは別に定義されており、一般の会社の営業所に近いイメージのものとなります。

事業所

事業所とは上記で紹介した本社や支社、営業所など事業を行う場所のことを言います。そのため本社も支店も営業所も事業所となります。

また、製品を製造する工場や商品を保管する倉庫、商品を販売する店舗なども事業所となるため上記の言葉とは大きく意味が違ってきます。

5つの違い(レンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペース・バーチャルオフィス・サテライトオフィスの違い)