HOME>一般常識>「重複(ちょうふく)」と「重複(じゅうふく)」の違いと読み方

一般常識

「重複(ちょうふく)」と「重複(じゅうふく)」の違いと読み方

「重複」の「ちょうふく」「じゅうふく」違いと正しい読み方

「重複(ちょうふく)」と「重複(じゅうふく)」の意味の違いと正しい読み方

「重複」という言葉は、「話が重複する」「重複受精」などのように、さまざまな分野でおなじみの言葉です。日常でもたびたび使うこの言葉ですが、口にする時困るのが、その読み方でしょう。「ちょうふく」と「じゅうふく」の2種類があり、どちらが正しいのか判断に迷うところです。果たして「重複」は、「ちょうふく」と「じゅうふく」のどちらを使うべきなのでしょうか。

今回は、これら2つの読みの違いなどについて解説していきたいと思います。

重複(ちょうふく)

「重複」の意味は、「同じものごとが何度かかさなること」というもので、「説明が重複する」「予約が重複している」のように使われます。「重」は「かさなる」を意味し、「複」は「2つ以上から成る」を意味しています。

「重複」の本来の読み方は、「ちょうふく」になります。
「重複」を「ちょうふく」と読むのは、「重」の字が読み方によって意味合いに違いが出るためです。「じゅう」と読む場合は「重量が大きい」ことを表し、「ちょう」と読む場合は、「かさなる」「大切にする」「はばかる」などを表します。「重複」は前述のように「かさなる」の意味合いを持つので、「ちょう」の読みが当てられているわけです。

重複(じゅうふく)

「重複」の本来の読み方は、上記のように、「ちょうふく」になります。「じゅうふく」という読み方は、いわゆる「慣用読み」にあたるものです。「慣用読み」とは、本来は間違いであるものの、現実に広く使われて定着している漢字の読み方を指します。

上記でもふれたように「重複」の「重」という字の音読みには、「じゅう」と「ちょう」の2種類がありますが、どちらかというと「じゅう」の方が使う機会が多くなっています。そのため、「重複」も「じゅうふく」と読まれるケースが多く、次第にこちらの読みも定着したというのが経緯です。

現在は、「じゅうふく」を使っても間違いにはあたりません。例えば生物学における「重複受精」という用語は、「じゅうふく」の読みが使われることも多くなっています。

「早急(そうきゅう)」と「早急(さっきゅう)」の意味の違いと読み方

「凡例(はんれい)」と「凡例(ぼんれい)」の違いと読み方

「汎用(はんよう)」と「汎用(ぼんよう)」の違いと読み方

「発足(ほっそく)」と「発足(はっそく)」の違いと読み方

「貼付(ちょうふ)」と「貼付(てんぷ)」の違いと読み方

「代替案(だいたいあん)と(だいがえあん)」の違いと読み方

「世論(よろん)」と「世論(せろん)」の違いと読み方

「遵守(じゅんしゅ)」と「遵守(そんしゅ)」の違いと読み方

「重複(ちょうふく)」と「重複(じゅうふく)」の違いと読み方