HOME>一般常識>「生産」「製造」「製作」の違い

一般常識

「生産」「製造」「製作」の違い

「生産」「製造」「製作」の違い

生産と製造、製作の違いとは

「何かを生み出すこと」といった意味の言葉には、さまざまな種類があります。「生産」や「製造」などがそれですが、文章を書く際などに、それらをどう使い分けたらいいか迷ったという経験を持つ人も多いでしょう。

そこで今回は、「生産」「製造」「製作」という3つの言葉の意味と違いについて、詳しく解説していきます。

生産とは

「生産」にはいくつかの意味があります。
1つは、「生活に必要とされる物資などを作り出すこと」で、これは米や小麦などの農作物や、洗剤やトイレットペーパーのような工業製品も含まれます。
もう1つの意味は、「人間が自然に働きかけることにより、財やサービスを作り出したり、あるいは採取・育成すること」というもので、これは養殖などの水産物や、企業や公共団体が提供する各種のサービスなどを含みます。

このように、「生産」が表すものには、農作物や水産物、工業製品やサービスなど、生活に関わるさまざまなものが含まれるのが特徴です。一般的には、工場などで工業製品を作ることを「生産」ということが多くなっていますが、こうしたものに限らず、広義には家事や芸術活動なども「生産」の範疇に収めることができます。

「製造」などとの違いについては、以下で見ていきましょう。

製造とは

「製造」とは、「原料に手を加え、何らかの製品を作り出すこと」といった意味の言葉です。「屋根材を製造する」「ビールを製造する」などのように使います。

「製造」という言葉によって表されるものは、元となる材料があって、それを加工することで作り出されるものに限られます。例えば小麦や酵母などから作られるパンや、綿や羊毛などからつくられる衣服といったものが、「製造」という言葉に当てはまります。一方で、原料となるものに関しては、「製造」という言葉は使われません。例えば小麦を作る際は、「製造」ではなく「生産」が当てはまります。このように、「製造」と「生産」では、作られるものの範囲に違いがあります。

製作とは

「製作」にもいくつか意味があり、1つは「道具や機械の類を使ってある品物を作ること」を指します。これには、椅子やテーブルといった家具類や、ジュエリーなどのような工芸品などが含まれます。
もう1つの意味としては、映画や演劇、テレビ番組や芸術作品などを作ることがあります。これは「制作」と書く場合もありますが、「製作」の場合は資金調達や宣伝なども含むという点が異なります。

「製造」との違いで言えば、「製作」で作るものには、演劇のような無形のものも含まれるという点が異なります。一方で、サービスの創出は「製作」とは呼びませんから、その点は「生産」との違いとなっています。

作る・造る・創るの違い

制作、製作、作成、作製の違い