HOME>ビジネス知識>制作、製作、作成、作製の違い

ビジネス知識

制作、製作、作成、作製の違い

制作、製作、作成、作製の違い

制作、製作、作成、作製の意味の違い

「せいさく」には制作と製作があります。また、似たような意味を持つ「さくせい」と言った言葉もありますがこちらにも作成と作製があります。

「橋」と「箸」が同じ読み方をするものの意味が全く異なるように制作、製作、作成、作製も意味や使い方が異なります。

今回はこれらの漢字の違いについて紹介していきます。

制作:芸術的な作品をつくること

芸術的な作品を作る場合には使われるのが「制作」です。美術品などはもちろん映画やアニメなどを作る際にも制作といった漢字が使われます。
他にも、ホームページやチラシ、ポスターなどを作る際にも制作が使われます。

また、著作権や知的財産権が発生する物を作る時に使われる言葉でもあります。

製作:物や設備をつくること

物や設備を作る場合には「製作」が使われます。日本のモノづくりと言われるような町工場でつくられる工業機械や精密機械などを作る際に製作が使われます。

また、DIYが趣味で家具を作る場合やハンドメイドでアクセサリーなどを作る場合には、それがデザインなどの観点で芸術性のある作品であれば制作、そうではなく実用的に使われるものであれば、製作となります。

作成:書類や計画書などをつくること

書類や計画書などを作る場合には「作成」が使われます。「社内で使われるプレゼン資料」や「顧客に提出する提案書」などを作る場合にも作成が使われます。

芸術的なデザインや革新的な技術を使い作られたホームページやチラシは「制作」となりますが、芸術性がない、または芸術性に乏しい単にあれば良い言ったホームページやチラシは「作成」と使うのが正しい使い方です。※ただしホームページ制作に関しては現実的にあそこまで使い分けられていません。
また、業務システムやスマホアプリなどの場合にも作成といった言葉が当てはまります。

作製:物品を作ること

図面や模型などを作る場合に使用されるのが「作製」になります。つまり設計図や標本なども作る場合にも作製が使われます。