HOME>ビジネス用語>「人材派遣」と「人材紹介」の意味と違い

ビジネス用語

「人材派遣」と「人材紹介」の意味と違い

「人材派遣」と「人材紹介」の意味と違い

「人材派遣」と「人材紹介」の意味と違いとは

働き方が多様化する中、ますます注目を浴びているのが「人材派遣」です。一方これと似たサービスに、「人材紹介」というものがあります。この2つの違いは、わかるようでいてうまく言えないという人も多いでしょう。

そこで今回は、「人材派遣」と「人材紹介」の意味や違い、使い分けのポイントなどについて解説していきたいと思います。

「人材派遣」とは

人材派遣

「人材派遣」とは、雇用形態の一種で、文字通り「人材を派遣する事業」を意味します。ある特定の技能を持った人材を雇用し、その人材を求める会社へ派遣する事業のことです。法律上の正式な名称は、「労働者派遣」になります。

「人材派遣」には、大きく分けて「一般派遣」と「紹介予定派遣」の2つがあります。「一般派遣」は、派遣労働者が派遣元の会社と雇用契約を結び、派遣先企業で働く形態です。業務についての指示は派遣先から受けますが、給与は派遣元から支払われます。
一方「紹介予定派遣」は、派遣労働者が派遣先企業で一定期間就業した後、両者が直接契約できるようになる形態を言います。

「人材紹介」との主な違いは、労働者との雇用関係の有無になります。人材紹介会社が求職者と雇用契約を結ばないのとは違い、人材派遣会社は、派遣労働者と雇用契約を結ぶのが基本となっています。

「人材紹介」とは

人材紹介

「人材紹介」とは、一般に「人材紹介会社」と呼ばれる会社が行う事業のことです。企業の求人依頼に応じ、それに見合う労働者を紹介するサービスを意味します。厚生労働省の認可を受けた民間企業が行っており、正式には「有料職業紹介所」と呼ばれます。

「人材紹介」は、「一般紹介・登録型」「サーチ型」「再就職支援型」の3つの形態に分類されます。このうち最も一般的なのは「一般紹介」で、こちらは求職者に求人依頼のあった企業を紹介し、そのうち希望した候補者を、求人者に引き合わせる形態になります。

「人材派遣」との違いは、雇用関係の所在になります。「人材派遣」が、上記のように派遣会社と派遣社員が雇用契約を結ぶのに対し、「人材紹介」は、求職者と求人者が直接雇用契約を結ぶ点で使い分けできます。