HOME>一般常識>「叩く」「殴る」の意味と違い

一般常識

「叩く」「殴る」の意味と違い

「叩く」「殴る」の意味と違い

「叩く」「殴る」の意味と違いとは

「叩く」と「殴る」は、どちらも手で何かを打つことを表す言葉です。一見どちらも同じように使えそうですが、実際にはいくつかの点で違いがあります。では、この2つはどのように使い分けるべきなのでしょうか。

今回は、「叩く」「殴る」の意味や違いについて解説していきましょう。

「叩く」とは

叩く

「叩く(たたく)」とは、「手や道具を用いて打つ」という意味の言葉です。素手や棒などで、対象を1回または繰り返し打つことを言い、「拳で机を叩く」「肩を叩く」「平手で顔を叩く」のように使われます。また、「打って音を出す」の意味合いもあり、この場合は「太鼓を叩く」のように使われます。ほかに「敵陣を叩く」のように「攻撃を加えて相手を負かす」の意味合いや、「政治家の不正を叩く」のように「批判する」「精神的な攻撃を加える」の意味合いなどもあります。

「叩く」の「叩」の字は、「跪いて頭を地に打ち当てて礼をする」様子を表しており、「軽く打つ」などの意味を持ちます。

「殴る」との違いは、意味合いが幅広いという点にあります。「叩く」の場合、「拳などで攻撃する」の意味だけでなく、上記のようなさまざまな意味を持つのが特徴です。また、「叩く」の方が打撃の程度が弱いニュアンスを持つ点も、「殴る」との違いに挙げられます。

「殴る」とは

殴る

「殴る(なぐる)」とは、「相手を乱暴に打つ」という意味の言葉です。拳や棒などで対象を激しく打つことを言い、「殴る蹴るの暴行を加えた」「背後からいきなり殴られた」のように使われます。また、「乱暴にものごとをする」の意味合いもあり、この場合は「書き殴ったようなメモ」のように使われます。

「殴」の字は、「なぐって邪悪なものとの区切りをつける」さまを表しており、「なぐる」「撃つ」などの意味を持ちます。

「叩く」との違いは、上記のように意味合いが限られる点にあります。「殴る」は、「拳などで人間や動物を攻撃する」「乱暴にする」の意味しかありません。また、「叩く」より打撃の度合いが強いニュアンスを持つ点も、両者の使い分けのポイントになります。