HOME>一般常識>「離職証明書」と「離職票」の意味と違い

一般常識

「離職証明書」と「離職票」の意味と違い

「離職証明書」と「離職票」の意味と違い

「離職証明書」と「離職票」の意味と違いとは

勤めていた会社をやめる際、特に大事になるのが、失業手当の問題です。雇用保険の失業給付を受ける際には、「離職票」と「離職証明書」の2つの書類が必須になります。では、この2つはどういうもので、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は、失業手当に欠かせない「離職証明書」と「離職票」の意味や違いなどについて、詳しく説明していきましょう。

「離職証明書」とは

離職証明書

「離職証明書」とは、従業員が退職する際、事業主がハローワークに対し提出する書類の1つです。正式には、「雇用保険被保険者離職証明書」と言います。
事業主(会社)は、従業員の退職時に雇用保険から脱退させなければなりませんが、その際の届けとして、「雇用保険被保険者資格喪失届」と共に「離職証明書」が必要になります。

「離職証明書」は、3枚1組の複写式書類となっています。1枚目は事業主控で、2枚目は「離職証明書」としてハローワークに保管されます。そして3枚目は、「離職票-2」として事業主を通じ、離職者に交付されることになっています。

このように、「離職証明書」は事業主が用意しハローワークに提出する書類です。この点は、後述する「離職票」との違いになります。

「離職票」とは

離職票

「離職票」は、正式には「雇用保険被保険者離職票」と呼ばれ、「雇用保険被保険者離職票-1」と「雇用保険被保険者離職票-2」の2種類に分かれます。従業員は退職時に雇用保険被保険者としての資格を失いますが、そのことで失業手当を受け取るために必要な書類が、「離職票」です。

前述のように、従業員の退職時には、事業主が「離職証明書」をハローワークに提出し、雇用保険の資格喪失手続きをすることになります。その後ハローワークは「離職票」を交付し、事業主に送付、さらにそこへ事業主が必要事項を記入し、退職者に送付します。退職者は、受け取った「離職票」に問題ない旨を確認してハローワークに提出、認定後に失業手当が給付されるという流れになります。

「離職票-1」は失業給付の振込先金融機関の指定のための書類で、「離職票-2」は「退職理由」などが記載されている点が違います。

以上のように、「離職証明書」は事業主が発行し、「離職票」はハローワークが発行するという点が両者の違いになります。この点を押さえておくと、使い分けに迷わずにすむでしょう。