HOME>一般常識>「口コミ」「レビュー」の意味と違い

一般常識

「口コミ」「レビュー」の意味と違い

「口コミ」「レビュー」の意味と違い

「口コミ」「レビュー」の意味と違いとは

ネットや雑誌などでよく見る言葉に、「口コミ」というものがあります。商品購入などに際してよく参考にされるものですが、一方でこれと似た言葉に、「レビュー」というものもあります。果たしてこの2つは、どの点が異なっているのでしょうか。

今回は、「口コミ」と「レビュー」の意味や違いについて解説していきましょう。

「口コミ」とは

口コミ

「口コミ(くちこみ)」とは、「噂や評判などを口伝えに広めること」という意味の言葉です。「口伝え」とは、この場合「人から人へと言い伝えること」を指します。ある人から聞いたことを、さらに別の人に話すといった具合に、何かについての情報をリレー形式で伝えていくことを指します。現在では主に、ちまたで広まっている商品やサービスなどについての評判や情報を指すようになっています。「このブランドの口コミは芳しくない」「口コミでは、この店の料理はおいしいそうだ」のように使われます。

「口コミ」の「コミ」は、「コミュニケーション」を指しています。

「レビュー」との主な違いは、「情報の確かさ」という点にあります。「レビュー」に比べると、「口コミ」による情報はあいまいで根拠が薄いとされることも多くなっています。

「レビュー」とは

レビュー

「レビュー」とは、英語の「review」に由来する外来語です。「review」の意味は、「批評する」「よく調べる」といったものになります。日本では、主に「批評記事」の意味で使われています。「今回のアルバムのレビューは好意的なものが多い」「ブログに読んだ本のレビューを載せている」のような使い方がされます。

「レビュー」と「口コミ」は、どちらも商品などの評判について使われる点で違いはありません。その一方で、「口コミ」が伝聞によるあいまいな情報も含むのに対し、「レビュー」は自分の実感に基づく比較的確かな情報を指す点で使い分けることができます。
ただ、実際にはどちらも単なる「感想」を表す言葉として、意味の違いなく使われることも多くなっています。