HOME>一般常識>ノウハウ・スキル・ナレッジ・技術・経験・テクニックの違い

一般常識

ノウハウ・スキル・ナレッジ・技術・経験・テクニックの違い

ノウハウ・スキル・ナレッジ・技術・経験・テクニックの違い

ノウハウ・スキル・ナレッジ・技術・経験・テクニックの違いとは

ノウハウとは

ノウハウとは、「know-how」という英語をカタカナ表記にしたものです。和製英語ではなく、英語にも存在する言葉です。「know」は「知る」「知っている」、「how」は「方法」「どうやって」といった意味があり、2つ合わせると、「知っている方法」といった意味になります。このことからわかるように、ノウハウの一般的な意味は、「あるものごとを手掛けるための、手順や方法についての知識」といったものになります。

ノウハウは、主にビジネスで使う機会の多い言葉です。この場合は、言葉では表しにくい、仕事に必要な具体的知識・技術を指すようになっています。また、こうした一般的な意味とは違い、「知的財産の一種」という意味で使われる場合もあります。

スキルとは

スキルとは、英語の「skill」をカタカナで表したものです。「skill」の意味は、「技術」「技能」「腕前」といったものになります。

日本で使われる場合の、スキルの一般的な意味は、「訓練や経験を通じて得た技術・技能」といったものです。仕事やスポーツなどの実体験を経ることで、自身が身につけた専門的な能力を指します。肉体的な能力に限らず、頭脳的な能力に関しても使われることが多く、単なる技能よりも幅広い範囲で用いられます。

ビジネスシーンで使われることが多い言葉ですが、ノウハウとは使われ方が若干異なります。ノウハウが比較的基本的な知識や技術を表すのに対し、スキルはそれよりも、深い理解に基づいた知識・技術を表すという違いがあります。

ナレッジとは

ナレッジは、「知識」「知見」といった意味の英語「knowledge」を、カタカナ読みにした言葉です。

一般的に言うナレッジとは、本や新聞など文章から得られる知識のことです。文字として可視化された情報なので、大勢の人に伝えやすいという特徴があります。それに対し、ノウハウは、前述のように言葉にしづらいという違いがあります。ビジネスにおけるナレッジには、例えば顧客からのクレーム情報があります。クレームのタイプやパターンを周知することで、顧客対応や商品開発に生かすことができます。

このように、ナレッジは仕事においても欠かせないものですが、単独では機能しません。文字による知識や情報だけではなく、体験から得た技術・技能と合わせることで効果を発揮します。

技術とは

技術とは、ある目的の達成のために用いられる技法や知識、道具などを総じて言う言葉です。例えば、靴を作る上で必要な素材や道具、製造の手順に関する知識などを、まとめて技術と呼びます。

技術の特徴は、言語による伝達が可能という点にあります。つまり、自身の持つ技術を文章化したり、言葉として他者に伝えることが可能なわけです。ですので、技術は個人に限らず、組織全体で共有することができます。

一方、技術と似た言葉で「技能」がありますが、両者には明確な違いがあります。技術が前述のように伝達が容易なのに対し、技能は個人が経験から習得するもののため、他者への伝達がしにくいという特徴があります。

経験とは

経験とは、その人自身が過去に見たり聞いたりし、また実際に行うなどして得た知識や技術を言います。英語では「experience」と言います。

「知識と経験を生かす」というように、知識と並べて使われることが多い言葉ですが、両者にはもちろん違いがあります。知識はナレッジの日本語にあたる言葉で、前述のように、言語化して周囲と共有しやすいという特徴があります。
しかし、それだけではうまく機能しないため、個々の知識を繋げる要素が必要になります。経験がまさにそれで、過去の体験から得た知見で知識を体系づけることで、初めて仕事などでの活用が可能になります。

テクニックとは

テクニックとは、英語の「technic」を日本語読みにした言葉です。
意味としては、技術や技巧、技法といったものになります。

テクニックという言葉を使う時、並んで出てきやすいのが、スキルという言葉です。両者はどちらも技術という意味を持っていますが、厳密にはいくつかの点で違いがあります。

例えば、習得の過程に関する違いが挙げられます。テクニックはマニュアル化がしやすく、したがって多くの人が同じプロセスで習得しやすいのに対し、スキルは個人の資質や性格によって、習得の仕方が大きく異なってきます。また、テクニックが習得しやすい代わりに忘れやすいのに対し、スキルは習得に時間はかかっても、一度覚えると忘れにくいという点も異なります。

まとめ

このように、「技術」や「知識」「技能」を表すことばはたくさんありますが、それぞれに微妙な意味の違いがあります。

ノウハウは言葉にするのが難しい、具体的な知識などを指す言葉で、比較的基本的な手順・方法に対して使われます。それに対し、スキルは経験を経て掴んだ知識・技術を表し、ノウハウよりも深い理解が必要という違いがあります。

知識を表すナレッジは、言語化しやすく組織で共有しやすいものの、それだけでは十分機能しないという特徴があります。それに対し、知識を体系づけて実際に活用できるようにするのが、実体験で得た技術を指す経験です。

技術もまた、言語化しやすく周囲との共有が可能という特徴がある一方で、同じ技術を表す英語のテクニックとスキルには、内容に微妙な違いがあります。テクニックが覚えやすく忘れやすいのに対し、スキルは覚えにくくても容易に忘れないという特徴があります。