HOME>一般常識>「今だに」と「未だに」の意味と違い

一般常識

「今だに」と「未だに」の意味と違い

「今だに」と「未だに」の意味と違い

「今だに」と「未だに」の意味と違いとは

「いまだに」という言葉は、日常生活でもよく使うものです。しかし、この言葉を漢字で表す時、「今だに」と「未だに」の2つのケースがあることに気付きます。この2つの表記は、果たしてどちらの方が正しいのでしょうか。また、使い分けができるのかどうかも気になるところです。

そこで今回は、「今だに」と「未だに」の意味や違いなどについて解説したいと思います。

「今だに」とは

今だに

「今だに」とは、「今でも」「今もなお」「まだ」といった意味の副詞です。以前に起きたあるできごとが、現在も変わらず続いていることを強調する働きを持ちます。否定の語を伴っても用いられますが、肯定文でも使えるようになっています。
具体的には、「今だに子供のころの癖が抜けない」「スピーチは今だに緊張する」「夏の疲れが今だに取れない」のように使われます。

「今だに」の「今」という漢字は、「ある物をすっぽりと覆い含むさま」を表しており、「現在」「この時」などの意味を持ちます。

「未だに」との意味の違いは特にありませんが、「今だに」という表記は本来正しくないというのが通説です。しかし、昔から「今だに」の表記が使われるケースも多く、現在は一概に間違いとも言えない状況となっています。

「未だに」とは

未だに

「未だに」の意味は、「今もなお」「まだ」というものです。過去に起こったあることがらや状態が、現在でも続いていることを示す語となっています。
「昨日降り出した雨は未だにやまない」「学生時代のことは、未だによく覚えている」のように使われます。

「未だに」の「未」という漢字は、「大地を覆う木に若い枝が生えた」象形から成り、「若い」「小さい」を意味しますが、「まだ」の意味もあります。

「未だに」と「今だに」は、上記のように同じ意味で使われています。否定的な文では「未だに」を使い、肯定的な文では「今だに」を使うという人もいますが、正式な使い分け方というわけではありません。このように、使い方ついてはっきりしたルールがないため、新聞社などではひらがなで「いまだに」と書くケースが多くなっています。