HOME>ビジネス知識>起業家、企業家、創業者、事業家、実業家・経営者の違い

ビジネス知識

起業家、企業家、創業者、事業家、実業家・経営者の違い

起業家、企業家、創業者、事業家、実業家・経営者の違い

起業家、企業家、創業者、事業家、実業家・経営者の違いについて

昔よりも会社を設立しやすくなったこともあり、これから会社を起こそうと考えている方も多いと思います。
また、あまり起業に興味がない方でもまわりには独立を考えている方や将来は経営者になりたいと考えている方が必ず1人はいるかと思います。
実際に会社が設立しやすくなったことにより少し前から学生起業やママ起業といった言葉が少しブームとなったこともありました。
さらに、ベンチャー企業に就職されている方などにとっては起業家や実業家などの言葉は日常的に使われている言葉かと思います。

しかし会社を作った人を指す創業者は比較的分かりやすい言葉ですが、起業家や事業家、実業家などは意味が似ている言葉であるの事実です。
ここでは起業家、企業家、創業者、事業家、実業家・経営者の違いについてまとめてご紹介致します。

起業家

起業家の起業とは新たに事業を起こすことを指します。つまり、必ずしも会社を作ることとは限らず、新たに事業を起こした方のことを指し、個人事業主として始めた方も含めて起業家となります。分かりやすく言えば0から1を作る人が起業家です。

また、社内ベンチャーと言われる社内で新たな事業を促進している会社も多く存在しています。そういった場合、事業の発起人を子会社の社長して新たな子会社を作るケースが多く見られますが、この場合、いわゆる雇われ社長となる場合も多くあります。このケースでは新たに事業を起こすのは親会社の社長ではなく、子会社の社長になりますので子会社の社長が起業家となります。

企業家とは

企業家とは新しい事業を展開したり、新しい生産方式を考案したり、組織改革などを行う方のこと言います。
起業家と非常に似ている言葉ですが、起業家が新たに事業を展開する人だけを指すのに対して新しい生産方式の考案などを行う人も含めて指す点で大きな違いがあります。
会社の代表である社長の場合もありますが、会社員の場合もあります。

創業者

創業者とは会社や店舗を設立した方のことを指します。
例えば会社を2人で起こした際、Aさんは会社の代表取締役であるが、Bさんは社員として新たな事業を考案し展開して行く場合、Aさんが創業者で、Bさんは起業家と言うことになります。もちろん、AさんもBさんも代表取締役で共に新たな事業を考案し展開するのであれば2人とも創業者であり、起業家ということになります。

事業家

事業家とは事業を計画し、その事業を管理・遂行する人のことを指します。
具体的には会社規模の拡大などを計画し実行していく人のこと指します。買収やM&Aなどを実行していくのもその1つの方法です。
分かりやすく言えば0から1を作るのが起業家であるのに対して実業家は1を100にする人と言うことになります。
もちろん起業家の中には実業家としての才能を持つ方もいるため必ずしも別の人とは限りません。

経営者

文字通り会社の経営をする人を指す言葉が経営者です。つまり、前社長の後を継いだ2代目社長や起業家が設立した会社の経営を後任として任された雇われ社長なども経営者に該当します。
また、起業家や実業家などと一緒に使われる場合には会社の実質的な経営を行う代表取締役(社長)を指しますが、一般的には会社の取締役(専務や常務など)も経営者となります。
事業家が100にした会社を安定し存続させていくイメージが経営者になります。

実業家

実業とは「農業・工業・商業・水産などのような生産・経済に関する事業」のことを指し、対義語としの「虚業」は「投機的な堅実でない事業」のことを指します。そのため、言葉通り受け取ってしまうとサービス業などを行っている方は含まれなくなくなってしまいますが、実際には起業家や実業家などと同様の意味で使われます。

違いのまとめ

起業家:新しい事業を起こす人。0から1を作る人。
企業家:新しい事業だけでなく生産方式、組織改革を行う人。
創業者:会社を作った人。
事業家:事業を計画し管理・遂行する人。1を100にする人。
経営者:会社を経営する人。代表取締役である社長以外に専務や常務なども含む。
事業家:企業家や実業家などと同意義。