HOME>ビジネス知識>「ブラックフライデー」の意味とは?使い方や例文

ビジネス知識

「ブラックフライデー」の意味とは?使い方や例文

「ブラックフライデー」の意味とは?使い方や例文

「ブラックフライデー」の意味とは?使い方や例文

近頃よく聞かれるようになった言葉に、「ブラックフライデー」というものがあります。アメリカでは以前から知られていましたが、日本ではここ数年で急に注目度が高まりました。そのため、いまだに何を意味するのか分からないという人も多いと思います。

今回は、「ブラックフライデー」の意味や由来、使い方などについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

「ブラックフライデー」の意味

「ブラックフライデー」とは

「ブラックフライデー」とは、本来はアメリカで11月の第4木曜日の翌日を指す言葉ですが、現在はその前後に行われる大規模なセールも意味するようになっています。店舗やブランドの規模を問わず実施されるイベントで、日本でも2016年ごろから本格的に行われるようになりました。日本の場合は、勤労感謝の日(11月23日)や小雪(11月21日ごろ)に合わせて行われることが多いため、本場のアメリカより1週間程度早いという特徴があります。

「ブラックフライデー」の発祥

11月の第4木曜日は、アメリカでは「感謝祭」と呼ばれる祝日にあたっており、この日は親族や友人らと集まって過ごすのがならわしです。この際木曜だけでなく、翌金曜日も会社や学校が休みになるのが通常で、上記のように、「ブラックフライデー」は本来この日を指していました。

つまり、全米では感謝祭の日から4連休となるわけですが、各地の小売店はこの機を狙い、大規模なセールを行うようになります。やがてそうしたセールのことも、「ブラックフライデー」と呼ぶようになったというのが経緯です。

「ブラックフライデー」は年末商戦の幕開けであり、アメリカの小売業界では、1年でもっとも売上が見込める日として知られています。

「ブラックフライデー」の名の由来

「ブラックフライデー」の名前の由来については、諸説あります。よく知られているのは、「この日が小売店にとって最も黒字が多いから」という説ですが、実際にはもう1つの説の方が起源と言われています。

その説とは、「人出が多くて道が混雑するため、警察にとっては仕事が増えて“真っ暗な金曜日”になるから」というものです。フィラデルフィアの警察で1961年ごろから使われだしたと言われており、本格的に広まったのは1970年代と、それほど古い言葉ではありません。当初小売店側はこの呼び方を嫌がりましたが、その後前述の「黒字説」が言い出されるようになってからは、良い意味合いとして認知されるようになりました。

「ブラックフライデー」の使い方・例文

「ブラックフライデー」の意味について分かったところで、続いては実際の使い方も見ておきましょう。ビジネス用語としての「ブラックフライデー」は、以下の例文のように使われます。

例文:「ブラックフライデーはアメリカが発祥だが、現在は世界に広まりつつある」

例文:「日本のブラックフライデーは、アメリカに比べて期間が長いという特徴がある」

例文:「ブラックフライデー文化が日本になじむかどうかは、まだ未知数だと思う」

例文:「最近のブラックフライデーは、ネットショッピングに押されて以前ほどの活気はない」

例文:「今年のブラックフライデーは、店舗だけでなくオンラインストアでもセールをする予定だ」

日本における「ブラックフライデー」

ここまで「ブラックフライデー」の意味や使い方について見てきましたが、最後に日本における「ブラックフライデー」の状況についても紹介しておきましょう。

日本で本格的に「ブラックフライデー」のセールが行われるようになったのは、上記のように2016年ごろからです。この年にイオングループやノジマが開催したのを皮切りに、以後さまざまな量販店や小売店が、「ブラックフライデー」商戦に参入するようになりました。

2020年も、イオンやコストコなどの店舗を始め、Amazonや楽天といったECサイトもセールを行うなど、「ブラックフライデー」は徐々に日本でも広まっています。しかし、本格的に浸透するかは、例文で述べたようにまだ未知数であり、今後の取り組み次第というのが実際のところです。