HOME>ビジネス用語>「バーター」の意味とは?使い方や例文、関連用語について

ビジネス用語

「バーター」の意味とは?使い方や例文、関連用語について

「バーター」の意味とは?使い方や例文、関連用語について

バーターの意味とは?使い方や例文、関連用語について

バーターの意味

「バーター」は、英語の「barter」を元とする外来語です。英語における「barter」の意味は、動詞としては「物を物と交換する」「(地位や自由を)利益目的で安く手放す」を表し、名詞としては、「物々交換」や「交換品」を表します。
日本語としての意味は、「金銭を介さない、物と物による交換」という意味合いで使われることが多くなっています。また、「交換条件」という意味で使われることもあります。

一方、一部の界隈においては、「バーター」という言葉はこれらと全く別の意味で使われます。「抱き合わせ」や「束売り」というのがそれで、主に芸能界でのみ通じる使い方となっています。

「バーター」の詳しい使い方については、以下の項目で見ていくことにしましょう。

バーターの使い方・例文

ビジネスシーンでのバーターの使い方

「バーター」は日本語にも浸透していますが、主にビジネスシーンで使われることが多くなっています。ビジネス用語としての「バーター」は、上記のように「物々交換」や「交換条件」の意味で使われることが主ですが、物と物に限らず、交換するのがサービスや人材、仕事内容であることも多くなっています。
例えば、職場で同僚とお互いの仕事を取り替える際にも、「バーター」という言葉を使うことができます。また、「何かのお返しとして何かを与える」あるいは「何かの見返りとして何かをもらう」といった意味合いでも、「バーター」を使う場合があります。この使い方は、「ギブ・アンド・テイク(Give and Take)」とほぼ同様の意味合いです。

それでは、ビジネスでのバーターの使い方について、例文を交えて紹介していきましょう。

  • 例文:貴社のサービスとわが社のサービスをバーターすることで、双方にとって大きなメリットが生まれます
  • 例文:今回は、君の仕事と僕の仕事をバーターするということでどうかな
  • 例文:この間の件のバーターとして、この仕事は僕が引き受けるよ

芸能界でのバーターの使い方

前述のように、日本では芸能界でも「バーター」という言葉がよく使われます。いわゆる「業界用語」としての使い方ですが、これはすでに述べたように、「抱き合わせ」「束売り」という意味合いとなっています。
芸能界における「バーター」とは、「束(たば)」という言葉をひっくり返して、間に音引きを入れたものになります。昔の芸能界では、「シーメー(飯)」や「ザギン(銀座)」のように、本来の言葉をひっくり返す独特の使い方がされていました。現在でもその名残が残っており、「バーター」もその1つというわけです。
ですので、英語が語源の「バーター」とは全く異なる意味合いのため、混同しないよう注意が必要です。

業界用語としての「バーター」は、芸能事務所があるタレントの抱き合わせとして、もう1人(グループ)のタレントを番組などに出演させてもらう際に使われます。番組側は人気タレントに出演してもらうことができ、事務所側としては、これから売り込みたい新人などを一緒に紹介することができます。

  • 例文:○○のバーターとして、うちの新人俳優を1人出演させていただけないでしょうか
  • 例文:バーター出演だったけど、今回は彼の方が目立っていた

バーターの関連用語

ここまでは「バーター」の意味や使い方について見てきましたが、「バーター」の関連用語についても紹介しておきましょう。

バーター取引

「バーター取引」とは、何かを購入する代わりに、相手にも自社の商品やサービスを購入してもらう、またはその逆といった形の取引です。物々交換の変形のような取引ですが、実際には取引を持ちかける側の方が優位に立つことが多くなっています。

バーター貿易

「バーター貿易」とは、貿易を行う2国間の輸出入価額を一定期間内に完全に均衡させて、貸借の差額を生じないようにする取引のことです。正貨の国際移動が行われることはなく、実質的に物々交換のような形になるのが特徴です。また、外貨不足の国が輸入の見返りとして、相手国に自国の製品を購入してもらう場合も、「バーター貿易」に含まれます。

バーター出稿

広告業界で使われる用語です。出稿とは、雑誌やTV、Webなどのメディアに広告を出すことを指します。「バーター出稿」は、企業に商品の広告を出してもらう代わりに、メディアでもその商品を宣伝するといった仕組みを意味しています。企業側は、出稿による代金を支払う見返りとして、メディアによる宣伝というメリットを得ることができます。広告業界では、比較的よく行われている手法です。

最後に

以上、「バーター」の意味と使い方について紹介してきました。

「バーター」は、「物々交換」を意味する英語の「barter」に由来しています。一般的にはビジネス用語として、「交換条件」などの意味合いで使われていますが、その一方で芸能界では、「束売り」という別の意味合いで使われています。両者の意味合いを混同しないよう、使用の際は注意が必要になります。