HOME>ビジネス用語>「アサイン」の意味とは?使い方や例文

ビジネス用語

「アサイン」の意味とは?使い方や例文

「アサイン」の意味とは?使い方や例文

アサインの意味と使い方とは

「明日までにアサインしといて」と言ったようなメールを受信したり、会議で「誰にアサインするか決めたいと思います」と言ったフレーズを聞いたことがあると思います。

ここではアサインの意味と使い方についてご説明致します。

アサインの意味とは

アサインとは「割り当てる」「選任する」「任命する」「指名する」と言った意味のカタカナ語です。

アサインは英語の「assign」に由来しておりほぼ同義語となります。

一般的なビジネスシーンでの使い方

上記で説明したようにビジネスシーンで使われるアサインは選任するや任命すると言った意味で使われ、「する側」でも「される側」でも使用します。

「する側」の使い方

  • 新しいプロジェクトリーダーには佐藤さんをアサインします
  • この企画には今年入社の新入社員の誰かをアサインしようと思っています
  • 今回の失敗は田中をマネージャーにアサインしたことによる所が大きい

「される側」の使い方

  • 営業部の部長にアサインされたが荷が重い
  • 新しく係長にアサインされた佐藤と申します。よろしくお願い致します
  • なぜ田中がアサインされたのか分からない

ホテルや旅館での使い方

一般的なビジネスシーン以外にもアサインと言ったカタカナ語は使われています。
ホテルや旅館など宿泊施設で働くビジネスパーソンの間ではアサインは「割り当て」に近い意味で「部屋割り」などと言った意味で使われます。

  • 今入った予約を303号室にアサインした
  • お得意さんは窓際になるようにアサインしてね
  • 社長と専務はいつも眺めのいい部屋にアサインする

また、旅行業界や航空業界などでは「座席の割り当て」と言った意味でも使われます。
飛行機などに座席を割り当てることを「アサイン」もしくは「シートアサイン」と言います。

  • シートアサインはできませんか?
  • 今日のシートアサインは全然ダメだね

パソコンで使われるアサイン

キーボードの上部には特別な機能を割り当てられるファンクションキーと呼ばれるキー(F1・F2・F3・・・など)があるがこのキーにどんな機能を持たせるか割り当てることをアサインまたはキーアサインと言います。