HOME>一般常識>現れる・表れる・顕れる・露れるの違い

一般常識

現れる・表れる・顕れる・露れるの違い

現れる・表れる・顕れる・露れるの違い

現れる・表れる・顕れる・露れるの違いについて

同じ読み方で異なる漢字を当てる言葉を、「同訓異字」と言います。
日本語には同訓異字がたくさんありますが、「あらわれる」という言葉もその一つです。

多数の表記がある「あらわれる」ですが、それぞれどんな意味や使い方の違いがあるのでしょうか。今回は、「現れる」「表れる」「顕れる」「露れる」という4つの表現について、それらの意味と使い方を詳しく解説していきます。

現れる

「現れる」の「現」の文字は、玉を表す部分と、それを見る人の目を表す部分から成っています。つまり、輝く玉の光を人間が目にしている状態が、「現」の表すところです。

この意味としては、「隠れているものが姿を見せる」というものになります。今まで見えなかったものが見えるようになった時、「現れる」という表現が使われます。

「現れる」という言葉が主に対象としているのは、物理的なモノや作用です。人物や動物、物体、薬の効果などといったものに対して、「現れる」を使うのが一般的です。この点は、「表れる」や「顕れる」などとの違いと言えます。

覚え方としては、「出現」「現象」といった言葉で覚えると便利でしょう。

「現れる」の例文

  • この薬の効果が現れるまでには2週間以上かかるでしょう
  • 一定期間が過ぎても飼い主が現れないので保健所に引き取ってもらうことにした
  • 東京湾に2頭のアザラシが現れた
  • みんなで現れたモンスターを倒すゲームと言えばなんでしょう?
  • 虹は空気中の水分に太陽光があたることで発生するため朝は西の空に、夕方は東の空に現れる

表れる

「表れる」は、「表面に出る」という意味の言葉です。
「表」の字は毛皮の服(上着)をあらわしており、「上面」「表(おもて)」といった意味を持ちます。

「表れる」は「現れる」と特に使い分けに迷う言葉ですが、文化庁の使い分け例によると、「表れる」は「思いが外に出る」という風に説明されています。つまり、「現れる」が前述のように物理的なモノを対象としているのに対し、「表れる」は、内面の感情や思考を対象とするという違いがあると言えます。
また、抽象的な事柄を言葉や形にしたり、仕事などの成果や影響が外に出る場合にも、「表れる」が使われるようになっています。

覚え方としては、「表現」「表意」といった言葉で覚えておくとよいでしょう。

「表れる」の例文

  • 表情や動作に表れる感情をしっかりと読み取れば、ペットの気持ちも分かるはずです
  • 彼は喜怒哀楽が顔に表れやすい
  • 消費税増税の効果はすぐに表れるはずです
  • グラフが表すように当社の離職率は年々上昇しています
  • これまでの努力がようやく結果に表れるようになった

顕れる

「顕れる」という言葉の「顕」という字は、太陽と糸、人間をあらわす部分から成っています。この要素が表現しているのは、「日中に糸を見ている人」で、ここから「はっきりしている」という意味の言葉として使われるようになりました。
すなわち、「顕れる」には、「はっきりする・あきらかになる」といった意味があります。

「顕れる」は、傑出した人物・才能が出現した場合や、隠されていた事物があきらかになった場合などに使われます。
「今まで隠れていたものが出てくる」という意味では、「現れる」とほぼ同じですが、「顕れる」は単に姿が見えるだけでなく、「誰の目にも明白になる」というニュアンスが強くなっています。微妙な違いですが、その点は「現れる」や「表れる」との違いと言えるでしょう。

顕微鏡の「顕」という字を思い浮かべると、使い方を覚えやすいはずです。

「顕れる」の例文

  • あのような行動を取ってしまったのは「勝ちたい」といった気持ちの顕れだ
  • 高校を卒業してから彼の才能が顕れ出した
  • 政策一つで経済効果が明確に顕れることもある
  • それはきっと彼からの好意の顕れだと思うよ
  • 研修の成果がここにきて顕れだしたのは誰の目にも明白だ

露れる

「露れる」という表現は、「むきだしになる」「あらわになる」といった意味を持ちます。

こちらもやはり、平常は隠れているものが、目に見える状態になった際に使われるようになっています。この点は「現れる」や「表れる」と同義ですが、「露れる」という字が使われる時は、上を覆っていたものが取り払われる場合が多くなっています。

すなわち、何らかの事情で表面の覆いがなくなり、裏にあったものが主に出てくるという状況です。具体的には、激しい感情や人の素肌、隠ぺいされた事実や地下の土壌といった、普段は何かに覆われているものに対して使われます。また、やや否定的なニュアンスが含まれるのも特徴です。

覚え方としては、「露骨」「露見」といった言葉を想起すると、わかりやすいでしょう。

「露れる」の例文

  • 悔しい気持ちを露わにした選手が多かった
  • 露わになった姿で登場した彼女に世の中に人々は愕然とした
  • 企業の対応の悪さにその利用者は怒りを露わにした
  • 一人の社員の勇気ある行動が会社の不正を露わにした
  • 政府に対する批判を露わにしている若者は非常に多い