HOME>一般常識>「アパレル」「ファッション」「ジュエリー」「ブティック」の意味と違い

一般常識

「アパレル」「ファッション」「ジュエリー」「ブティック」の意味と違い

「アパレル」「ファッション」「ジュエリー」「ブティック」の意味と違い

アパレル・ファッション・ジュエリー・ブティックの意味と違い

服や宝石、アクセサリーに関連した言葉として、「ファッション」や「アパレル」「ジュエリー」といったものがあります。これらは普段何気なく使っていますが、こまかい意味合いは気にしたことがないという人も多いでしょう。実際には、それぞれはっきりとした違いがあります。そこで今回は、「アパレル」「ファッション」「ジュエリー」「ブティック」の意味と違いについて詳しく解説していきます。

アパレルとは

「アパレル」の意味は、「衣服」「衣類」です。「アパレル」は英語を元にした外来語で、元の単語は「apparel」となります。「apparel」の意味合いは、名詞としては「衣服」「服装」というもので、動詞としては「(きらびやかな服を)着せる」というものになります。

日本では「アパレル業界」「アパレル産業」「アパレルメーカー」などと使われますが、これはそれぞれ、「衣類業界」「衣類産業」「衣類メーカー」という意味になります。また、後の単語を略して、単に「アパレル」とのみ言う場合もあります。この場合は「仕事はアパレルの営業です」などのように使われます。

「アパレル」と「ファッション」の違いについては、以下で見ていきましょう。

ファッションとは

「ファッション」とは、「流行」や「はやり」といった意味の言葉です。特に、服装や髪型などに関して使われます。また、単に「服装」も意味で使われることもあります。「主なファッション誌はすべて見ている」「彼女は最先端のファッションをしている」「その考えはオールドファッションだ」のように使われます。

「ファッション」もまた外来語の1つで、英語の「fashion」が元になっています。英語における「fashion」の意味は、「流行」「はやりの型」「時の好み」といったもので、「流儀」や「~風に」という意味もあります。

「アパレル」との違いは、モノ自体を表すかどうかという点にあります。「ファッション」が表すのは「見かけ」についてで、「服自体」を表す「アパレル」とははっきり異なります。

ジュエリーとは

「ジュエリー」とは、「宝石類」を表す言葉です。一般的には、貴金属や宝石類を加工して作った装身具を指しています。ジュエリーもまた外来語の一種で、元は英語の「jewelry」になります。「jewelry」の意味もまた、「宝石類」「宝飾」といったものです。「ジュエリーを身につける」「ジュエリーをオーダーメイドする」などのように使われます。

このように、「ジュエリー」は宝石や貴金属を使った装身具について言う言葉で、「アパレル」とは意味合いに明確な違いがあります。その一方で「ファッション」に対しては、服装の一部として「ジュエリー」をその中に含めることができます。

ブティックとは

「ブティック」とは、「小売店」を意味する言葉です。元となったのはフランス語の「boutique」で、本来はパリのオートクチュール店内に設けられた、既製服やアクセサリー等を扱う大衆向けの小売店を意味していました。そこから転じて、やがてはデザイナーのプレタポルテの作品と、それにコーディネートした洋品などを扱う店を指すようになっていきます。日本においては、「おしゃれな服や小物を売る店」の意味で、「ブティック」という言葉を使うのが一般的です。

このように、「ブティック」は「服やアクセサリー類を扱う小売店」を意味する言葉で、「衣服」や「流行」などの意味合いはありません。「アパレル」や「ファッション」などとは、意味にはっきりした違いがあります。