HOME>ビジネス用語>「アジェンダ」の意味とは?使い方・例文・類語など

ビジネス用語

「アジェンダ」の意味とは?使い方・例文・類語など

「アジェンダ」の意味とは?使い方・例文・類語など

アジェンダの意味とは?使い方・例文・類語など

「午後からの会議のアジェンダを共有します」や「本日のアジェンダは・・・」と言ったように「アジェンダ」と言ったビジネス用語がビジネスシーンでは頻繁に使用されています。

「アジェンダ」とは簡単に言えば会議やミーティングの「予定表」や「スケジュール帳」と言ったようなものになります。

ここでは「アジェンダ」の意味に加えて例文を交えた使い方の解説、さらには類語のご紹介をしていきます。

アジェンダの意味

「アジェンダ」という言葉は、英語の名詞「agenda」のカタカナ表記になります。英語における「agenda」には、「議事日程」や「予定表」などの意味合いがあります。スケジュール帳や備忘録のことを「アジェンダ」と呼ぶ場合もありますが、政治や政策の分野において、「検討課題」「行動計画」といった意味合いで使われることが多くなっています。

「アジェンダ」の具体的な使い方や例文については、以下の項目で詳しく見ていきましょう。

アジェンダの使い方・例文

「アジェンダ」は、上で述べたように「予定表」や「スケジュール帳」などの意味のほか、「検討すべき課題」「行動計画」などの意味合いも持つようになっています。

日本で使われるようになったのは比較的最近ですが、それには具体的なきっかけがありました。そのきっかけとは、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された地球サミットです。そのサミットにおいて、「アジェンダ21」という環境保全のための規範が作成されたことにより、日本でも「アジェンダ」という言葉が一般に広まるようになりました。「アジェンダ21」では、環境や人口、貧困問題に対するさまざまな行動計画が定められています。

このような経緯で広まった「アジェンダ」という言葉は、現在ではビジネス用語としてもよく使われるようになっています。ビジネスシーンにおいて「アジェンダ」は、会議やミーティングでの「提案内容」や、「協議事項」といった意味合いで使われるのが一般的です。
分かりやすく言えば、これから行う会議等についての議題や、話し合う内容が「アジェンダ」になります。また、それらについて記された資料についても、「アジェンダ」という言葉で表現することがあります。

「アジェンダ」の大まかな内容について見たところで、詳しい使い方などについて以下で見てみましょう。

会議での「アジェンダ」の使い方・例文

前述のように、「アジェンダ」はビジネスシーンにおいて、会議やミーティングの際に使われることが多くなっています。このような場合における「アジェンダ」は、これから話し合うべき議題が箇条書きにされた紙を指すのが一般的です。出席者はアジェンダに書かれた内容を見ながら話し合うことで、議論が脇に逸れたりしないよう、常に論点を明確にさせておくことができます。
さらに箇条書きにされた議題の横に、それぞれの大まかな時間配分を書き込んでおくと、議論のペースをある程度コントロールしやすくなります。

  • 例文:会議時間を長引かせないよう、事前にアジェンダを共有させておく必要がある
  • 例文:本日のアジェンダは、来期の予算についてです。これ以外についての議論はまた改めて行うので、脱線しないようよろしくお願いします

プレゼンでの「アジェンダ」の使い方・例文

「アジェンダ」は会議やミーティングだけでなく、プレゼンにおいても有用です。
プレゼンの前に配布する資料に、アジェンダとして目次を入れておくことで、読み手は話の全体像を把握しやすくなります。特に話の内容が比較的複雑で、資料のボリュームも多い場合には、こうしたアジェンダを作っておくのは必須と言ってよいでしょう。

また、プレゼンの準備の際にアジェンダを作っておくことは、発表者にとっても役立ちます。話したい内容を箇条書きにしておくことで、ストーリー全体を整えやすくなりますし、それを本番時のアジェンダとして使用することもできます。

  • 例文:本日のプレゼン内容のアジェンダについては、配布した資料の目次をご覧ください
  • 例文:“プロジェクト達成にかけるべき日数はどれくらいか”というのが、本日のプレゼンのアジェンダになります

アジェンダとレジュメの違い

「アジェンダ」と似たケースで使われ、間違いやすい言葉に「レジュメ」があります。この2つは混同して使われることが多いものの、実際の意味や使い方は異なります。

「レジュメ」という言葉は、フランス語で「要約」を意味する「resume」をカタカナに置き換えたものです。
「アジェンダ」同様ビジネスシーンでもよく使われますが、その意味は、「会議やプレゼンなどの内容をまとめた概要」となっています。一見「アジェンダ」と同じようですが、「アジェンダ」は前述のように「議題」や「話し合うべきことがら」を指しており、「話される中身の概要」を示す「レジュメ」とは、明確に意味が異なります。

つまり、「レジュメ」は予め話の重要な部分をまとめてある資料であり、「アジェンダ」はこれから話し合う題目を記したものという言い方ができます。

最後に

以上、「アジェンダ」の意味や使い方について詳しく説明してきました。

このように、「アジェンダ」は「計画表」などの意味を持つ英語「agenda」をカタカナ読みにした言葉です。政策などの分野で使われていた言葉ですが、最近ではビジネスシーンでも、「会議等で話し合うべき議題」といった意味で使われることが多くなっています。「レジュメ」と「アジェンダ」は、「要約」か「議題」かという点に違いがあります。