HOME>ビジネス用語>「ゼロベース」の意味とは?使い方や例文、「ゼロベース思考」とは?

ビジネス用語

「ゼロベース」の意味とは?使い方や例文、「ゼロベース思考」とは?

「ゼロベース」の意味とは?使い方や例文、「ゼロベース思考」とは?

「ゼロベース」の意味とは?使い方や例文、「ゼロベース思考」とは?

「ゼロベースで見直す」「ゼロベースで考える」など、「ゼロベース」という言葉はあちこちで頻繁に使われています。多くの人が一度は耳にしたことがあるでしょうが、その意味となると、実はあやふやだという人も意外に多いのではないでしょうか。

今回はそうした人のために、ビジネス用語としての「ゼロベース」の意味や使い方などについて、詳しく解説していきたいと思います。

「ゼロベース」の意味

「ゼロベース」とは

「ゼロベース」とは、「ものごとを最初からやり直すこと」という意味の言葉です。既存のものを利用するのではなく、何もない最初の状態から新たに始めることを言います。近年さまざまな場面で使われるようになっていますが、ビジネスシーンでも事業企画や予算決定の場においてよく使用されています。

「ゼロベース」の由来

「ゼロベース」という言葉は、英語の「zero」と「base」を組み合わせた言葉ですが、完全な和製英語です。「zero」は数の「0」のことですが、この場合は「何もない」「まっさらな状態」といった意味になります。「base」は「土台」「基礎」「出発点」を表しています。つまり、日本語の「ゼロベース」は、「何もない状態から出発する」ことを指す言葉と言えます。

「ゼロベース」の英語表現

上でも述べたように、「ゼロベース」という言葉は日本独特の表現なので、英語圏では通じません。「最初から」という意味を英語で表すならば、「from the start」や「from beginning」、「from scratch」という表現を使うのが適切です。例えば「ものごとを最初からやり直す」という場合には、「redo matter from beginning」といった言い方になります。

「ゼロベース」の使い方・例文

「ゼロベース」の使い方は上記のようなものですが、実際の使い方についても知りたいところです。ビジネス用語としての「ゼロベース」は、以下の例文のように使われます。

例文:「新規事業の立ち上げにあたって、必要なプロモーションをゼロベースで考えなくてはならない」

例文:「壁に行き当たった時には、ゼロベースで考えることが役に立つ」

例文:「ゼロベース予算は、コストの増加を抑える上でメリットがある」

ちなみに「ゼロベース予算」とは、過去の実績に基づくのではなく、新たにゼロの状態から策定された予算を指します。通常予算は、前年の実績を基本に「○%増」などという形で組まれることが多くなっていますが、「ゼロベース予算」ではまったくサラの状態から予算が組まれます。この方法だと、新規プロジェクトにも優先順位にしたがって公平に予算が配分されるので、組織の硬直化を防いだり、余計なコストの増加を抑制できるというメリットがあります。

「ゼロベース思考」とは

「ゼロベース」という言葉は、「ゼロベース思考」という形で使われることが多くなっています。この項目では、「ゼロベース思考」の意味などについて見ていきましょう。

「ゼロベース思考」とは

「ゼロベース思考」とは、「先入観や既成概念などにとらわれず、完全にゼロの状態からものごとを考え直す姿勢」という意味の言葉です。既存の枠組みは無視して、対象をまっさらな視点から見直そうとする考え方を言います。

既存の枠組みで考えると、思考の幅が狭くなってしまい、目的到達への最適な方法を見失うことが少なくありません。これに対し、「ゼロベース思考」をこころがけることで、新しい視点から目的へスムーズに到達する道を発見しやすくなるという利点があります。やはりさまざまな場面で使用されますが、ビジネスシーンでも新商品の開発や、従来のシステムを改革する際などに使われるようになっています。

「ゼロベース思考」の事例

「ゼロベース思考」によって問題解決が図られた事例として、JRの湘南新宿ラインが挙げられます。これは、山手線ダイヤへの割り込み運行が難しいことから不可能と考えられていた首都圏横断路線を、貨物線路を利用することで実現したというケースです。貨物電車が通る路線を旅客用に利用するという発想は、それまでの社内の常識では考えられないものでした。

また、古いケースですが、ソニーの「ウォークマン」も「ゼロベース思考」の典型例に挙げられます。それまで室内のプレーヤーで聞くしかないと思われてきた音源を、外でいつでも聞けるようにした発想は、斬新で画期的なものでした。これは、既存の思考から外れることで実現できたアイデアといえます。

「ゼロベース思考」の使い方

「ゼロベース思考」の使い方についても、例文を挙げて見てみましょう。具体的には、以下のように使われます。

例文:「仕事に限らず、普段から問題に対してゼロベース思考でアプローチすることが大事だ」

例文:「これからのビジネスでは、固定観念を捨ててゼロベース思考を意識するべきだ」

最後に

以上、「ゼロベース」という言葉の意味や使い方などについて紹介してきました。

「ゼロベース」は、常にまっさらな状態からものごとを始めることを指す言葉として、さまざまなシーンで活用されています。特にビジネスにおいては、重要なキーワードとして近年使用例が増えているので、社会人として覚えておくべき言葉であるのは間違いありません。同様に「ゼロベース思考」も頻出するワードなので、紹介した例文などを踏まえ、適切に使えるようしっかり覚えておきましょう。