HOME>一般常識>「予言」「預言」の意味と違い

一般常識

「予言」「預言」の意味と違い

「予言」「預言」の意味と違い

「予言」「預言」の意味と違いとは

「予言」と「預言」は、どちらも「よげん」と読む言葉です。字面も似ているため、混同して使われることが多くなっていますが、実際にはそれぞれ別の意味を表しています。ではこの2つは、具体的にどのような点が異なるのでしょうか。

今回は、「予言」と「預言」の意味や違いについて詳しく解説していきましょう。

「予言」とは

予言

「予言」とは、「未来のできごとを予測して言うこと」という意味の言葉です。まだ到来していない、先の時間のできごとについて言い当てようとすることを言います。「ノストラダムスの予言」「科学者の予言」のように使われます。

「予言」の「予」は、本来「のびやか、ゆるやか」を表す漢字ですが、「あらかじめ」や「ゆとりをもって備える」の意味も持ちます。一方「言」の字は、「ことば」「文字」などを意味します。

「予言」と「預言」は、内容の性質も、使われる分野も違います。「預言」については後述しますが、「予言」は「未来に関する予測」一般を指す点で、「預言」と使い分けられます。また、使われる分野も、「予言」の場合は占いなどのオカルト的なものから、数学や物理、実際のデータなどに基づいた科学的なものまで幅広く含むという特徴があります。

「預言」とは

預言

「預言」とは、「ある人が神や神霊の代わりとなって、神意を民衆に告げること」という意味の言葉です。神託を受けたとする者が、神に成り代わってその意志を人々に伝えることを言います。「モーゼの預言」「預言者エレミヤ」のように使われます。

「預言」の「預」もまた、「あらかじめ」「前もって」を意味する漢字ですが、「あずかる」「引き受ける」の意味も持ちます。

「預言」と「予言」の違いは、上記のように、語る内容の性質にあります。「予言」が単に先のできごとについて語ることを指すのに対し、「預言」は神の意志に基づき、来るべき世界に対する心構えなどを示すことを指す点で異なります。また、「予言」が前述のような幅広い分野で使われるのに対し、「預言」は宗教の分野でしか使われない点も両者の違いです。