HOME>一般常識>「転落」「落下」「墜落」の意味と違い

一般常識

「転落」「落下」「墜落」の意味と違い

「転落」「落下」「墜落」の意味と違い

「転落」「落下」「墜落」の意味と違いとは

人や物が落ちることを表す言葉に、「転落」「落下」「墜落」の3語があります。これらは一見すると、どれも同じように使えそうですが、実際のところ意味の違いなどはないのでしょうか。場面に応じた使い分けができるかどうかも気になります。

そこで今回は、「転落」「落下」「墜落」の意味や違いなどについて、詳しく解説していきたいと思います。

「転落」とは

転落

「転落(てんらく)」の主な意味は、「ころげ落ちること」というものです。この場合は「岩場から転落する」「階段を転落する」などと使うように、傾斜した地面などを回転しながら落ちていくことを指します。

もう1つの意味は、「急に落ちぶれること」というもので、この場合は「転落の一途をたどる」のように使われます。また、「堕落すること」という意味もあり、この場合は「悪党に転落した」のように使われます。

「転落」の「転」という字は、「ぐるぐる回る」「ころがる」の意味を持ちます。「落」の字は、「上から下へ物がおちる」を意味しています。

「墜落」との違いにあたる「転落」の特徴は、「ころがりながら落ちる」という点にあります。「墜落」については後述しますが、「転落」の場合は主として体を地面などにぶつけながら、回転して落ちていくことを指す点で使い分けられます。

「落下」とは

落下

「落下(らっか)」とは、「高い所から落ちること」という意味の言葉です。ある物が、上方から下方に向けて落ちることを言います。「屋根から落下した際に骨折した」「机からスマートフォンが落下した」「ここが隕石の落下地点だ」のように使われます。

「落下」の「下」という字には、「さがる」「おりる」などの意味があります。

「落下」と「転落」「墜落」には、基本的な意味の違いはありません。「落下」は「物が落ちること」全般を指す言葉であり、「転落」と「墜落」はどちらも「落下」に含まれます。ただ、「転落」「墜落」は落ち方に特徴がある点が、「落下」との違いになります。

「墜落」とは

墜落

「墜落(ついらく)」の辞書での意味は、「高い所から落ちること」となっています。使い方は、「飛行機が墜落する」「誤って滝つぼに墜落した」「知人が事故で墜落死した」のようになります。
「墜落」の「墜」という字は、「段を人がさかさまに落ちる」さまを表しており、「落下する」「おちる」の意味を持ちます。

「墜落」は、辞書に書かれた意味では、「落下」と違いはありません。その一方で、実際の用法では、飛行機などが飛行中に落ちた場合によく使われるという特徴があります。つまり、「墜落」は、主に「空中に浮いた状態から地面などに落ちること」を指すと言えます。この点は、物にぶつかりながら転げ落ちる「転落」との、主な違いに挙げられます。