HOME>一般常識>私用・所用・所要・諸用・諸事情の違い

一般常識

私用・所用・所要・諸用・諸事情の違い

私用・所用・所要・諸用・諸事情の違い

私用・所用・所要・諸用・諸事情の違いについて

私用とは

私用とは、文字通り「私(わたくし)の用事」という意味の言葉です。その人の個人的な都合を指します。

仕事などのあらたまった場で、個人的な用事で席を外さなくてはならない時などに使います。具体的には、旅行が目的で有給休暇を取る際に、取得の理由として「私用」と書くといった具合です。旅行の他にも、冠婚葬祭や通院なども私用に含まれます。有給休暇の申請では、本来私用の内容まで書く必要はありませんが、会社によっては細かい理由まで記載を求めるところもあります。

私用と所用は混同しやすい言葉ですが、使い方には明らかな違いがあります。私用は所用に比べ、用事の範囲が個人的なものに限られるという点が異なります。

所用とは

所用とは、用事全般を指す言葉です。個人的か公用かを問わず、手を取られる出来事であれば、全て所用と表現できます。この点は上記のように、個人的なものに限られる私用との大きな違いです。

会社で所用という言葉を使うケースとしては、得意先や上司からの誘いを断る時などがあります。この場合は、「本日は所用のため参加できません」などと表現します。
また、自分以外の職員の不在を相手に伝える際にも、所用がよく使われます。これは、相手が他の部署の職員か、あるいは得意先や顧客といった人の場合です。こうした場合は、実際の理由が私用であったとしても、所用を使うことが一般的です。
具体的には、「○○は只今所用のため席を外しております」といった風に使われます。

また、なんらかの理由で店舗を臨時休業せざるを得ない時、「所用により臨時休業いたします」などと表現することもあります。

所要とは

所要とは、文字通り「要する所」を意味しています。簡単に言うと、「必要なこと」あるいは「必要とすること」といった意味の言葉です。所用と似ているため、比較的混同しやすい言葉ですが、意味には大きな違いがあり、所要には、「用事」の意味はありません。

所要が表す内容には、主に金銭や時間があります。具体的には、目的地へ到達するまでにかかる時間や、そこまでに必要な交通費などに対し、「所要時間」「所要金額」といった具合に使われます。また、法律や制度について必要な改正を行う際や、パスポートの申請等で手続きが必要な際などにも、「所要の改正」「所要の手続き」という風に使われます。

諸用とは

諸用とは、文字通り「諸々の用事」を意味しています。
所用と似ていますが、厳密な部分では意味に違いがあります。

所用は「全般的な用事ごと」を表すのに対し、諸用は「いくつかの別々の用事」を表しています。「たくさんの」という意味の「諸」が用いられていることで、「異なる用事が重なっている」というニュアンスが持たされています。所用は用事がいくつあるかは問題ではありませんから、この点は両者の違いと言えます。

しかし、実際には、両者を同じ意味の言葉として使うケースも多くなっています。ですから、欠席理由で所用の代わりに諸用と書いたとしても、間違いとは言えません。

諸事情とは

諸事情とは、文字通りさまざまな事情を意味しています。いろいろな都合、複数の理由といった意味合いの言葉です。

「諸」は前述の諸用で触れたように「さまざまな、複数の」という意味があり、事情の前に諸を付けることで、「1つではない理由」という意味の言葉になります。

しかし、実際に諸事情という言葉を使う場合には、単純に「理由がたくさんある」ことを表しているわけではありません。諸事情と使う際には、「詳しくは言えないが、やむを得ない事情がある」というニュアンスが込められているのがほとんどです。詳しい理由を明かせないことを、相手に察してほしいときなどに使われます。
例えば、自身の退職を顧客等に伝える際、具体的な内情が言えない場合などに、「諸事情により退職することとなりました」という具合です。

諸用との違いは、諸事情の方が、より重大な件の説明で使われがちという点にあります。

まとめ

以上見てきたように、私用と所用の違いは、用事が意味する範囲にあります。所用は全ての用事を含む言葉で、私用はプライベートな用事のみを表します。

一方、所要は「(時間や金銭などの)必要なこと」を表しており、用事を表す所用とは異なる言葉です。そのため、混同しないよう注意が必要です。

諸用は「2つ以上の用事」という意味で、所用とはニュアンスに微妙な差があるものの、実際には同じ意味で使われることが多くなっています。諸事情については、単に「いくつかの事情」というだけでなく、「詳述できないやむを得ない理由」というニュアンスが込められています。

これらの違いをしっかり踏まえ、場合に応じて適切に使い分けるようにしましょう。