HOME>その他>「失笑」と「苦笑」の意味と違い

その他

「失笑」と「苦笑」の意味と違い

「失笑」と「苦笑」の意味と違い

「失笑」「苦笑」の意味と違い

「笑い」に関する言葉は多くありますが、中にはやや区別の難しいものもあります。「失笑」と「苦笑」も、その中の1つでしょう。どちらもあまりいい意味合いでは使われませんが、具体的にはどういう笑いを指すのでしょうか。間違えて使わないためにも、両者の意味合いをきちんと知っておきたいところです。そこで今回は、「失笑」と「苦笑」の意味と違いについて解説したいと思います。

失笑とは

「失笑」とは、「思わず笑ってしまうこと」という意味の言葉です。不意に何かが面白くなり、こらえきれず笑い出してしまうことを言います。読み方は、「しっしょう」です。「彼の言い間違いに、思わず失笑がもれた」「あの人のふるまいには、失笑を禁じ得ない」のように使われます。
「失笑」の「失」は「手からそれたもの」を指しており、「うしなう」「乱れる」「そこなう」などの意味を持ちます。

「失笑」のポイントは、「本来、がまんすべきところをおかしすぎて突発的に笑ってしまう」ところにあります。つまり、「吹き出す」に近い表現と言えます。また、多少相手を見下すニュアンスも含まれており、「失笑を買う」「失笑がもれる」のように、誰かの失敗やおかしな言動に対して使われることが多くなっています。

「苦笑」との違いについては、以下で見ていきましょう。

苦笑とは

「苦笑」とは、「とまどいつつ笑うこと」といった意味の言葉です。誰かの言動に違和感や多少の不快感などを覚えながらも、怒る気にならず仕方なく笑ってしまうことを言います。「彼女のそっけない態度には、苦笑せざるを得ない」「彼のあわてぶりに、周囲は皆苦笑をうかべた」のように使われます。
「苦笑」の「苦」は、「ならび生えた草」などの象形から成り、「にがい」や「面白くない」を意味しています。

「苦笑」のポイントは、「楽しくて笑っているわけではない」というところにあります。本当は笑いたくはないけど、他のリアクションが取れずに笑うしかない、という時に使われる言葉です。相手を見下すというより、困惑した感情の方が強い点が、「失笑」との違いになります。