HOME>一般常識>「Q&A」と「FAQ」の意味と違い

一般常識

「Q&A」と「FAQ」の意味と違い

「Q&A」と「FAQ」の意味と違い

Q&AとFAQの意味と違いとは

企業のホームページなどを見ていると、「Q&A」や「FAQ」といったコーナーをよく見かけます。これらはどちらも「質問と答え」を表していますが、そもそもどうして2つの呼び方が存在するのでしょうか。違いが気になるところです。そこで今回は、「Q&A」と「FAQ」の意味と違いについて解説していきます。

Q&Aとは

「Q&A」とは、「質問と答え」という意味の言葉です。「Q」は「Questions」を意味し、「A」は「Answers」を意味しています。つまり「Q&A」は、「Questions And Answers」の略語ということになります。四字熟語にすると、「質疑応答」や「一問一答」といった具合になります。

「Q&A」は、説明に対し質問が多く寄せられそうな場合に、主な質問の例とその答えを同時に掲示しておくものです。例えば商品やサービスの利用方法や、保証の内容といった説明は、読む人が全て十分に理解できるとは限りません。そこで考えられる質問内容と共に、それに対する答えも事前に示しておくのが、「Q&A」の役割です。これから商品やサービスを利用する人としては、「Q&A」を読むことで、疑問を解決しやすくなります。企業のWEBサイトでは、「Q&A」のコーナーを設けているところも多くなっています。

「FAQ」との違いについては、以下で見ていきましょう。

FAQとは

「FAQ」とは、英語の「Frequently Asked Questions」の頭文字です。「Frequently Asked Questions」とは、日本語にすると「頻繁に尋ねられる質問」という意味で、分かりやすく言えば「よくある質問」といった内容になります。「FAQ」は利用者や消費者からの質問と答えを載せたもので、「Q&A」同様企業のWEBサイトでよく見られます。

「Q&A」との違いは、「質問が実際にあったものかどうか」という点にあります。「Q&A」は実際の質問を載せる場合もありますが、どちらかというと「予想される質問」を挙げることが多くなっています。それに対し「FAQ」は、過去に実際にあった質問とその答えが載せられます。「Q&A」の中から実際によくある質問を取り出したのが「FAQ」であり、「FAQ」は「Q&A」の一種ということができます。