HOME>ビジネス用語>「プロモーション」の意味とは?使い方や例文、「PR」との違い

ビジネス用語

「プロモーション」の意味とは?使い方や例文、「PR」との違い

「プロモーション」の意味とは?使い方や例文、「PR」との違い

「プロモーション」の意味とは?使い方や例文、「PR」との違い

「プロモーション」という言葉は、社会人なら誰でも1度は耳にしたことがあるものでしょう。一般的にもなじみのあるこの言葉ですが、実は正確な意味合いについては、意外に知られていない部分も多くなっています。

そこで今回は、ビジネス用語としての「プロモーション」の意味や使い方、「PR」との違いなどについて、詳しく解説していきたいと思います。

「プロモーション」の意味とは

一般的な「プロモーション」の意味

一般的なビジネスシーンで使われる場合の「プロモーション」とは、「セールスプロモーション」を意味することが多くなっています。「セールスプロモーション」とは、いわゆる「販売促進」のことです。キャンペーンなどを行うことで、消費者の購買意欲などを引き出そうとする取り組み全般を指します。ですので、イベントや展示会などによる「プロモーション」は、この「セールスプロモーション」を略したものと考えて間違いありません。また、「プロモーション」は、「販売促進のための宣伝資料など」を指して使われることもあります。

「プロモーション」の由来

カタカナ語の「プロモーション」は、英語の「promotion」に由来する言葉です。「promotion」の意味は、「昇進」「振興」「促進」「販売促進キャンペーン」「販売促進商品」といったものになります。例えば、「get promotion」という場合は「昇進する」の意味になり、「sales promotion」という場合には、「販売促進」の意味になります。

「プロモーション」の使い方・例文

「プロモーション」の意味について学んだところで、実際の使い方についても見ておきましょう。ビジネス用語としての「プロモーション」は、以下の例文のように使われます。

例文:「プロモーションの実施は、見込み客の購買意思決定の後押しに役立つ」

例文:「セールスプロモーションを積極的に行って、新規顧客の獲得に励もう」

例文:「目を引くPOP広告を用意することも、立派なプロモーション活動だ」

例文:「VRを活用したイベントプロモーションによって、多くの人に商品の良さを実感してもらえた」

例文:「キャンペーンプロモーションは、特典目当てで商品は二の次という顧客を集めやすいデメリットもある」

広義の「プロモーション」と「PR」との違い

上では狭義の「プロモーション」について紹介しましたが、本来この言葉は、もっと広い意味を持ちます。この項目では、マーケティングにおける「プロモーション」の本来の意味と、「PR」との違いについて見ていきましょう。

「マーケティングミックス」における「プロモーション」

「プロモーション」について説明するためには、まず「マーケティングミックス」について紹介しておく必要があります。「マーケティングミックス」とは、マーケティングの基本的な考え方となる要素で、マーケティングを4つの「P」に分解したもの(4P)を指します。その「4P」とは、以下のようなものです。

「Product(どんな製品を売るか)」
「Price(価格はいくらにするか)」
「Place(流通させる場所はどこか)」
「Promotion(どうやって広めるか)」

この4つの要素は、製品開発から販売までの流れについて表したものになります。このうち「プロモーション」は、「製品を世間に広めるための行為」を指し、直接的・間接的、あるいは有料・無料を問わず、販売側と消費者側との総合的なコミュニケーション全般について使われます。

「プロモーションミックス」と「PR」

上で紹介した「プロモーション」は、さらに細かい要素に分類することができます。その分解したものをまとめて、「プロモーションミックス」と呼びます。「プロモーションミックス」には、以下のようなものが含まれます。

「Advertising(広告)」
「Sales Promotion(販売促進)」
「Public Relations(広報活動)」
「Personal Selling(人的販売)」

これを見てわかるように、「セールスプロモーション」は「プロモーション」の要素の1つにあたります。一方、「Public Relations」は「PR」を指しますが、こちらもまた、広義の「プロモーション」の一種ということになります。

「セールスプロモーション(SP)」と「PR」の違いは、「直接的か間接的か」という点にあります。「PR」が、社内・社外への広報など間接的な「プロモーション」を指すのに対し、「SP」はキャンペーンなどのより直接的な「プロモーション」を指すようになっています。

最後に

以上、ビジネスシーンにおける「プロモーション」の意味や使い方などについて、いろいろと紹介してきました。

このように、「プロモーション」は普段「セールスプロモーション」の意味合いで使われることが多くなっていますが、本来は「マーケティングの一要素」を指す言葉です。どちらを指して使われているかは、文脈による判断が必要になります。マーケティング用語として頻出する言葉なので、例文などで示した用法をきっちり踏まえ、適切な使い方ができるようになっておきましょう。