HOME>ビジネス用語>「ポジショニング」の意味とは?使い方や例文、成功例

ビジネス用語

「ポジショニング」の意味とは?使い方や例文、成功例

「ポジショニング」の意味とは?使い方や例文、成功例

「ポジショニング」の意味とは?使い方や例文、成功例

「ポジショニング」という言葉は、サッカーや野球などが好きな人なら耳慣れたものでしょう。しかし、この言葉はスポーツの分野だけでなく、ビジネスシーンにおいてもよく使われています。一体ビジネスシーンにおける「ポジショニング」とは、何を表しているのでしょうか。

今回は、ビジネス用語としての「ポジショニング」の意味や使い方などについて、詳しく解説していきましょう。

「ポジショニング」の意味

「ポジショニング」とは

ビジネスシーンで使われる「ポジショニング」とは、「自社の商品やサービスを、市場の中で明確に位置付けること」を意味する言葉です。マーケティング分野で使われる用語であり、ターゲットとなる顧客の中に、自社製品についての独自のポジションを築く活動を言います。消費者に自社製品の魅力をしっかりと認識してもらい、競合製品に対し差別化を図る目的で行われます。

「STP分析」の1つ

上記のように、「ポジショニング」はマーケティング用語の1つです。具体的には、「STP分析」と呼ばれる基本戦略の段階の1つに当たっています。

「STP分析」は、市場を詳細に分析することで、自社ブランドが目指すべき方向性を決める役割を持ちます。3つのプロセスを経て策定されますが、まず最初に「セグメンテーション(市場細分化)」、次に「ターゲティング(標的となる市場の決定)」、そして最後に、「ポジショニング」という流れをたどります。「STP」の語は、これらの頭文字を取ったものです。

前の2つの段階では、市場のセグメント化と自社が狙うべきセグメントの選択が行われるのに対し、「ポジショニング」では、そのセグメントにおいて競合する製品と自社製品をどのように差別化していくかが決められます。

「ポジショニング」の由来

「ポジショニング」というカタカナ言葉は、英語の「positioning」に由来しています。「positioning」は動詞「position」の現在分詞で、「位置」や「場所」、「所在地」などの意味を表します。例えば「positioning device」という場合は、「測位装置」の意味になり、「positioning method」という場合には、「測位方法」の意味になります。

「ポジショニング」の使い方・例文

「ポジショニング」の意味について学んだところで、具体的な使い方についても見ていきましょう。ビジネス用語としての「ポジショニング」は、以下の例文のように使われます。

例文:「この商品は、“肥満に悩む中年男性のための健康飲料”というポジショニングを取っている」

例文:「ポジショニングを考える時は、消費者が魅力に感じる点を見逃さないことが大事だ」

例文:「ポジショニングのアプローチとしては、いくつかの軸を取ってマップを作り、その中に競合製品や自社製品を置いてみるやり方がある」

「ポジショニング」が成功した例

ここまで「ポジショニング」の意味や使い方について見てきましたが、実際に「ポジショニング」が効果的に働いた例についても見ておきましょう。

ウォークマン

初代の「ウォークマン」は、1979年にソニーから発売されました。これは携帯型音楽プレーヤーの先駆けであり、今でこそ画期的な商品として知られていますが、開発前には社内でも反対の声が上がっていました。「録音機能のない、ただの再生装置が売れるはずがない」という意見ですが、確かにこの通りの「ポジショニング」を取っていれば、ヒットには結びつかなかったことが予想されます。しかし、実際の「ウォークマン」のマーケティング戦略において取られた「ポジショニング」は、全く異なるものでした。「歩きながら音楽が聴ける」というこれまでにない位置づけを施したことで、消費者に製品のユニークさが伝わり、結果として大ヒット商品となったわけです。

ポカリスエット

大塚製薬から発売されている清涼飲料水の「ポカリスエット」は、1980年に売り出された当初、「スポーツ飲料」という今までにない「ポジショニング」によって一躍ヒット商品となりました。しかし、そうして開拓した市場に後続が次々参入してきたことにより、次第にそのような「ポジショニング」の効果が維持できなくなります。

それに対し、ポカリスエットが次に打ち出した「ポジショニング」が、「健康に良い清涼飲料水」というものでした。これによって「運動後に飲むドリンク」というイメージが強い競合製品との差別化が図られ、再び成功を収める結果となりました。

最後に

以上、「ポジショニング」の意味や使い方などについて、いろいろと紹介してきました。

このように、「ポジショニング」はビジネスシーンでは、「市場において自社製品の明確な位置づけをすること」という意味で使われます。マーケティング戦略では非常に重要な役割を持つプロセスであり、ビジネスでは頻繁に登場する用語となっています。例文で示したような用法をしっかり踏まえ、スムーズな使い方ができるようになっておきましょう。