HOME>ビジネス用語>「ノーティス」の意味とは?使い方や例文、関連用語

ビジネス用語

「ノーティス」の意味とは?使い方や例文、関連用語

「ノーティス」の意味とは?使い方や例文、関連用語

「ノーティス」の意味とは?使い方や例文、関連用語

ビジネス用語の中には多くのカタカナ言葉が入り込んでいますが、その1つに「ノーティス」というものがあります。外資系企業などを中心によく使われる言葉ですが、その詳しい意味についてまだつかめていないという人も多いでしょう。

そこで今回は、ビジネス用語としての「ノーティス」の意味や使い方などについて、いろいろと紹介していきたいと思います。

「ノーティス」の意味

ビジネスシーンでの「ノーティス」とは

日本で使われる「ノーティス」とは、「通知」や「通報」を意味する言葉です。ビジネスシーンで使われる場合も、こうした意味と特に変わりはありません。上記のように、外資系企業などを中心によく使われるようになっています。会話中にも登場しますが、メールでの要望や、ホームページ上での企業から外部へのお知らせなどを指して使われることも多くなっています。

「ノーティス」の由来

カタカナ語の「ノーティス」の由来は、英語の「notice」という単語にあります。「notice」の意味は、「通知」「通報」「告知」「掲示」「(解雇・解約などの)予告」といったもので、基本的にカタカナ語のものと変わりません。「an obituary notice(死亡告知)」「put up a notice(掲示を出す)」のように使われます。

一方、「notice」には動詞としての用法もあり、この場合は「(~に)気が付く」「(~に)注目する」「(~を)指摘する」といった意味になります。使い方は、「I noticed a strange man prowling around(私は見知らぬ男があたりをうろついているのに気付いた)」のようになります。

「ノーティス」の使い方・例文

「ノーティス」の意味は、「通知」や「お知らせ」ということですが、具体的にはどのように使われるのでしょうか。この項目では、ビジネス用語としての「ノーティス」の使い方について、例文を挙げて見ていきましょう。

例文:「今度泊まるホテルのホームページに、滞在期間中3時間ほど点検のための停電を行うというノーティスが出ていた」

例文:「○○の社員を名乗って詐欺を働いている人間がいるが、当社とは何の関係もないので注意してほしいとのノーティスが、その企業のホームページに書かれていた」

例文:「来月の外壁工事に関するノーティスを出しておくので、社員は各自確認しておくように」

「ノーティス」の関連用語

ビジネスシーンでは、「ノーティス」という言葉に関連する用語を使う機会が少なくありません。ここでは、そうした「ノーティス」の関連用語とその意味などについて、いくつか紹介していきましょう。

ショートノーティス

「ショートノーティス」は、ビジネスシーンでは比較的よく使われる表現です。英語にすると「short notice」で、字面だけ見ると短い通知文を指しているように思えますが、この場合の「ショート」は「時間的に余裕がない」「緊急の」といった意味になります。実際には、「締め切り直前の急なお知らせ」の意味で使われることが通常です。具体的には、以下の例文のように使われます。

例文:「ショートノーティスにて大変申し訳ございませんが、1時間以内にご対応くださいますようお願い申し上げます」

ノーティスアンドテイクダウン

「ノーティスアンドテイクダウン(notice and take down)」は、インターネット上のコンテンツの著作権に関連した用語です。

日本における「ノーティスアンドテイクダウン」は、あるコンテンツについての著作権侵害の報告が著作権者などからなされた場合、プロバイダーが該当のコンテンツを公開している者に対し、著作権侵害の可能性の通知を行った上で、そのコンテンツを削除することを言います。この際プロバイダーは、通報されたコンテンツについて著作権侵害の真偽の判断はしません。また、通知された側に異論がある場合は、一定期間内に異議申し立てをすることができます。期間内に申し立てがなかった場合は、プロバイダーがコンテンツの削除を行うことになります。

例文:「ノーティスアンドテイクダウンの手続きは、アメリカと日本では多少の違いがある」

メール・ノーティス・カード

「メール・ノーティス・カード」は、ホテル業界で使われる用語です。書留や速達など、ホテルに届いたお客様宛の特殊郵便物を保管する際に使われるカードを指します。カードには、宛先名と受領日、時間、客室番号、特殊郵便の種類といった必要事項を記入し、客室に届けるか、またはキー・ボックスに入れておきます。その後郵便物をお客様へ引き渡す際には、カードにサインをもらう仕組みとなっています。

例文:「ホテルに戻ると、書留が届いているとのメール・ノーティス・カードを受け取った」

最後に

このように、「ノーティス」という言葉は「通知」や「お知らせ」などの意味を持ちます。ビジネス用語としては、「ショートノーティス」という形で用いられることが多くなっています。例文で紹介したような用法を踏まえ、場面に応じた適切な使い方ができるようになっておきましょう。