HOME>一般常識>「年収」「年商」「年俸」の意味と違い

一般常識

「年収」「年商」「年俸」の意味と違い

「年収」「年商」「年俸」の意味と違い

「年収」「年商」「年俸」の意味と違いとは

「年収」「年商」「年俸」は、いずれも「1年間の収入」に関する言葉です。3つとも同じことを指すようですが、実際は細かい内容は異なります。では、具体的にどのような点が違うのでしょうか。

今回は、「年収」「年商」「年俸」の3つの言葉について、それぞれの意味や違いなどについて解説していきたいと思います。

「年収」とは

年収

「年収」とは、「1年間の収入の合計」という意味の言葉です。その年に得た収入を、全て合わせた額を言います。読み方は「ねんしゅう」で、「年収は1億円に達する」「年収が半減した」などのように使われます。
会社員の場合、毎月の基本給に加えて、交通費や住宅手当、さらにはボーナスや歩合なども含めた1年間の給与が「年収」となります。

「年収」の「年」という字は、「成熟した穀物」「実る」を意味しますが、「1月1日から12月31日までの12ヵ月間」の意味もあります。一方「収」の字は、「物をからめとる」「手に入れる(おさめる)」などを意味しています。

特に自営業の場合、「年商」との違いは分かりづらいところですが、「年収=その人が実際に得る儲け」を指す点が異なります。「年商」の詳しい意味は後述しますが、個人事業主の場合であれば、「年商」から給料などの諸経費を差し引いた実際の利益を、「年収」と呼ぶようになっています。例えば「年商」が600万円で、経費が1年に300万円かかる場合、「収入」は300万円ということになります。

「年商」とは

年商

「年商」とは、「企業や商店などの1年間の売上高」という意味の言葉です。会社やお店などの事業者が、1年間に売り上げた金額を指して言います。読み方は「ねんしょう」で、「年商3億円にのぼる」「年商は300万に満たない」などのように使われます。

「年商」の「商」は、もともとは中国殷王朝の首都名を指す字ですが、その後「あきない」の意味で使われるようになりました。

「年商」は事業者について使われる言葉であり、主に個人について使われる「年収」とは、内容が違います。一方個人事業主の場合は、「年商」は諸経費を引く前の金額を表す点が、「年収」との違いになります。言い換えると、「年商」は「儲けた金額」ではなく、「事業の規模」を表す点が、「年収」との使い分けのポイントとなっています。

「年俸」とは

年俸

「年俸」とは、「1年を単位として定めた俸給」という意味の言葉です。また、1年分の給与の総額についても言います。読み方は「ねんぽう」で、「ねんぼう」と読むのは間違いにあたります。「年俸制の契約」「年俸が大幅にダウンした」のように使われます。

「年俸」の「俸」という字は、「人がうやうやしく受け取るもの」を表しており、「給料」の意味を持ちます。

「年俸」は、主に「契約に基づき1年単位で支払われる給与」を指す点が、「年収」との違いになります。対する「年収」は、給与体系に関わらず、1年間で得た収入の総計(各種手当や、副業の収入も含む)を指しています。