HOME>ビジネス用語>「マイルストーン」の意味とは?使い方や例文

ビジネス用語

「マイルストーン」の意味とは?使い方や例文

「マイルストーン」の意味とは?使い方や例文

「マイルストーン」の意味とは?使い方や例文

「マイルストーン」という言葉は、「人生のマイルストーン」などのように、一般的にもよく耳にするものです。ビジネスシーンでもよく使われますが、この場合の「マイルストーン」は、具体的にどういうことを表しているのでしょうか。

今回は、ビジネス用語としての「マイルストーン」の意味や使い方などについて、詳しく解説していきたいと思います。

「マイルストーン」の意味

「マイルストーン」は、本来は「里程標(りていひょう)」などの意味ですが、ビジネスシーンで使われる場合はやや独特の意味を持ちます。ここではビジネス用語としての「マイルストーン」の意味と、その由来などについて紹介しましょう。

ビジネスでの「マイルストーン」とは

ビジネスシーンで言う「マイルストーン」とは、「プロジェクトなどで節目となる地点」を意味しています。あるプロジェクトや作業を始めてから終えるまでの、途中の区切りとなる経過点や、中間目標地点などを指して使われます。

「マイルストーン」は、「ガントチャート」と呼ばれる工程管理表の上に、日付で設定されます。「マイルストーン」が置かれるのは、通常は遅れることが許されない、工程の重要な節目となるポイントです。プロジェクトの進行にあたっては、「マイルストーン」までの進捗具合をチェックしつつ、状況に応じて後の工程の修正を行っていくのが一般的です。

「マイルストーン」の設定は、経営層にスケジュール説明を行う際にも重要になります。経営層は通常、「マイルストーン」が順調にクリアできているかどうかによって、全体の進捗状況の判断を行います。

「マイルストーン」のメリット

「マイルストーン」が使われるのは、プロジェクトが長期化、複雑化しそうな場合が主です。こうした場合、進捗状況の見極めが難しくなりがちですが、要所に「マイルストーン」を設定しておくことで、工程の管理がしやすくなるというメリットがあります。全プロジェクト中のキーポイントや、遅れると全体に影響するポイントなども一目で確認することができますし、前述のように「マイルストーン」ごとの進捗状況をチェックしておくことで、その後の工程の見直しなども容易になります。

「マイルストーン」の由来

「マイルストーン」というカタカナ言葉は、英語の「milestone」に由来しています。「milestone」は、「里程標」や「道しるべ」、「一里塚」などのほか、「(歴史や人生などにおける)画期的なできごと(事件)、節目」の意味を持ちます。例えば「milestone achievement」という場合には、「節目の達成」の意味になり、「milestone in the history of~」という場合には、「~の歴史上画期的なできごと」の意味になります。

「マイルストーン」の使い方・例文

「マイルストーン」の意味について知ったところで、実際の使い方についても見ていきましょう。「マイルストーン」はビジネスシーンにおいて、以下の例文のように使われます。

例文:「このプロジェクトは1年がかりなので、マイルストーンの設置は細かくやっておいてくれ」

例文:「7月1日には報告会があるので、この日にマイルストーンを設定しておこう」

例文:「今のところ作業は順調で、マイルストーンに影響が出そうな気配はない」

例文:「マイルストーンの設定は、最も重要なコンポーネントが最初に完了するようにしておくことが大切だ」

例文:「マイルストーンの数が多いほどケアレスミスも生じやすいので、その点は気を付けるように」

「マイルストーン」が使われるシーン

ここまで「マイルストーン」の意味や使い方について見てきましたが、そもそも「マイルストーン」は、具体的にどういった状況で使われるのでしょうか。ここでは、実際によく「マイルストーン」が使われるシーンについて見ていきましょう。

システム開発

「マイルストーン」の活用が特に多いシーンが、システム開発の工程です。システム開発は一般的に長期化しやすく、プロセスも複雑になりがちなため、要所に「マイルストーン」を設置することは、全体の工程管理において重要な意味を持ちます。例えば、一次開発や二次開発の納期、機能やモジュールのリリース日などに「マイルストーン」が置かれます。

新商品の開発

「マイルストーン」が活用されるのは、IT業界だけではありません。商品開発の場面においても、よく用いられます。これもまた、プロジェクトが長期化・複雑化しやすいため、「マイルストーン」の設置が有効になります。この場合は、商品の企画立案や試作品の作成、パッケージデザインといったポイントに、「マイルストーン」が置かれます。

最後に

以上、ビジネス用語としての「マイルストーン」の意味や使い方などについて、いろいろと紹介してきました。

このように、ビジネスシーンでの「マイルストーン」は、「プロジェクトなどでそれぞれ重要な節目となるポイント」を意味します。全体の流れを指す「スケジュール」とは違い、工程ごとの区切りとなる点を指すのが特徴です。IT業界を始めとして、さまざまなシーンで使われる言葉なので、例文で示したような使い方をしっかり覚えておくようにしましょう。