HOME>一般常識>「競争」「競走」の意味と違い

一般常識

「競争」「競走」の意味と違い

「競争」「競走」の意味と違い

競争・競走の意味と違いとは

「他人と競う」という意味合いを熟語で表す時、「競争」と「競走」の2つが思い浮かびます。しかし、この2つは全く同じ意味というわけではありません。同じような使い方をされるものの、それぞれ微妙に違う意味を持っています。では、具体的にどのように使い分ければよいのでしょうか。

今回は、「競争」と「競走」の意味と違いについて解説していきましょう。

競争とは

競争

「競争」とは、「優劣を競い合うこと」という意味の言葉です。複数の人間が何らかの同じ目的に向かい、互いに勝敗や優劣を競うことを言います。また生物学においては、生物の食物や生息空間をめぐる相互作用を言う語でもあります。「資本主義では競争原理が働く」「社会の競争を闘い抜くには、強い意志がいる」「野生動物の熾烈な生存競争」のように使われます。

「競争」の「競」の字は、「2人が向き合って意見を出し合う」象形から成っています。そこから「きそう」の意味で使われるようになりました。「争」の字は、「あるものを上下から引き合う」などの象形から成り、「あらそう」を意味しています。

「競走」との違いについては、以下で見てみましょう。

競走とは

競走

「競走」とは、「速さを競うこと」という意味の言葉です。複数の人間が、何らかの手段を使って一定の距離を走り、そのスピードについて優劣を競うことを言います。「徒競走には自信がある」「障害物競走に出走する」「公道での自動車競走が行われた」のように使われます。

「競走」の「競」は、前述のように「きそう」を表します。一方「走」の字は、「走る人」などの象形から成っており、「はしる」「物が速く動く」を意味します。

「競争」との違いは、競うのが「速さ」に限られるという点にあります。「競争」の場合は、「正確さ」や「強さ」、「賢さ」などさまざまな優劣を含みますが、「競走」の場合は「速さ」しか目的となりません。「競走」は「レース」を指し、「競争」は「コンペティション」を指すという違いを踏まえると、使い分けしやすいでしょう。