HOME>一般常識>「刑務所」「拘置所」「留置場」「鑑別所」の意味と違い

一般常識

「刑務所」「拘置所」「留置場」「鑑別所」の意味と違い

「刑務所」「拘置所」「留置場」「鑑別所」の意味と違い

「刑務所」「拘置所」「留置場」「鑑別所」の意味と違いとは

犯罪に関する用語としてよく聞くのが、「刑務所」や「拘置所」「留置所」といったものです。これらはどれも「犯人を収容する施設」といった意味で捉えられていますが、それぞれ役割は異なります。では、詳しくはどのように違うのでしょうか。

今回は、「刑務所」「拘置所」「留置場」、そして「鑑別所」の意味や違いなどについて解説していきたいと思います。

「刑務所」とは

刑務所

「刑務所」とは、「刑事施設の一種で、自由刑に処せられた者を収容する施設」という意味の言葉です。「自由刑」とは、「犯罪者の身体の自由を束縛する刑罰」を意味します。後述する「拘置所」とは、受刑者に対し刑罰の執行を行うための施設という点が違います。

もともとは「監獄」という語で呼ばれていましたが、大正期から「刑務所」の語が用いられるようになりました。広義の「刑務所」には、「少年刑務所」も含まれます。前述のように、懲役や禁固といった自由刑を受けた者が収容されますが、現在は懲罰よりも、受刑者の社会復帰の方に重点が置かれるようになっています。

「拘置所」とは

拘置所

「拘置所(こうちしょ)」もまた、刑事施設(刑事に関する収容施設の総称)の一種です。身柄の拘束に使われる施設という意味では、「刑務所」などと違いはありません。しかし、「刑務所」が上記のように受刑者を収容するのに対し、「拘置所」は未決囚を収容するという点が違います。

犯罪の嫌疑があり、なおかつ逃走や証拠隠滅のおそれがある被疑者・被告人は、刑事訴訟法により刑事施設へ拘留されることがあります。この施設を指して、「拘置所」と呼んでいます。その後裁判によって有罪判決が確定し、自由刑の執行が決まると、「刑務所」へ収容されることになります。この点は、両者の違いと使い分けのポイントです。

現在国内には、東京・大阪・名古屋・京都・神戸・広島・福岡の7ヵ所に「拘置所」が置かれているほか、全国に103の「拘置支所」があります。

「留置場」とは

留置場

「留置場」とは、「警察内に設けられた、被疑者を抑留するための施設」という意味の言葉です。「留置所」と書かれることもありますが、実際には「留置場(りゅうちじょう)」が正しい言い方になります。警察の資料などでは、「留置施設」と書かれます。

刑事手続きの捜査実務においては、警察官が被疑者を逮捕し、警察署に引致した後、必要と認められる場合にはその身柄を一定時間警察署に留め置くことができます。この施設が「留置場」で、管轄は警察になります。「留置場」はまた、起訴前段階における被疑者拘留施設としても使われますが、この場合は旧監獄法1条3項に基づき、「代用監獄」として扱われます。

「留置場」はこのように、被疑者を一旦警察署に抑留するための施設という点が、「刑務所」との違いになります。一方「拘置所」は、被疑者が検察に送致される際に抑留される施設で、法務省の管轄になる点が異なります。

「鑑別所」とは

鑑別所

「鑑別所(かんべつしょ)」とは、「少年鑑別所」を略した言葉です。「少年鑑別所」は、「事件を起こした疑いのある少年などが、家庭裁判所の観護措置の決定を受けて収容される施設」を意味しています。観護措置とは、少年事件において家庭裁判所が調査のため、少年の身柄を確保することを言います。「鑑別所」では、医学や心理学、教育学などの専門知識を用い、少年の資質の鑑別(調査)が行われますが、その結果は家裁での審判などの資料として使われます。

このように、「鑑別所」は主に事件を起こした少年を収容するための施設で、「刑務所」などとは目的が全く違います。