HOME>一般常識>「歌手」「ミュージシャン」「アーティスト」の意味の違い

一般常識

「歌手」「ミュージシャン」「アーティスト」の意味の違い

「歌手」「ミュージシャン」「アーティスト」の意味の違い

「歌手」「ミュージシャン」「アーティスト」の意味の違いとは

音楽番組やラジオなどを聞いていると「ミュージシャン」や「アーティスト」という呼び方を耳にする機会が多いかと思います。
しかし「ミュージシャン」や「アーティスト」の意味はなんとなくわかっていたつもりでも、「歌手」と比較して何がどう違うのか?と問われると、即答できない人も多いと思います。

今回は「歌手」「ミュージシャン」「アーティスト」の違いや使い分け方について解説します。

「歌手」とは

ミュージシャン

「歌手」とは、歌を歌うことを専門の職業としている人のことです。

ライブやコンサート、テレビ出演など、人前で歌を披露したり、CDを出したりして収入を得ることが知られていますが、最近では、インターネットの動画配信でファンを獲得することも営業活動のひとつとなっています。

「歌手」の他にも「シンガー」や「ボーカリスト」、「声楽家」なども歌うことを職業にしていると言えますが、「ボーカリスト」は少々ニュアンスが違い、バンドの中で、ギタリストやドラマーなどの「楽器を演奏する人」と並び、「声を奏でる人」という意味があります。
「シンガーソングライター」は、歌を作詞作曲し、自ら歌う人のことを指します。

「ミュージシャン」とは

ミュージシャン

「ミュージシャン」とは、主に「ロック」「ポップス」「ジャズ」など、大衆音楽を演奏する音楽家を意味します。

「バンド」や「シンガーソングライター」と呼ばれる「ミュージシャン」はライブやコンサート、CDのリリースなどの音楽活動による収入で生計を立てています。
その他、ソロ歌手や他の「ミュージシャン」などのサポートでレコーディングスタジオやステージで演奏する「スタジオ・ミュージシャン」は、高い演奏技術や音楽的センス、知識を必要とします。

また、「ストリート・ミュージシャン」は歩道や公園などの屋外で歌や演奏を披露しますが、プロの「ミュージシャン」とは違い、殆どは収入を得るためではなく自らの作品などを認知してもらうことを目的としています。

「アーティスト」とは

アーティスト

「アーティスト」とは「芸術家」を意味し、主に芸術作品を創り出すプロフェッショナルのことを指します。

画家や彫刻家などと同じように、音楽に携わる人も作品を創り出すという意味においては同列の「アーティスト」に違いありません。
近年の日本では、「歌手」のことを「アーティスト」と呼んだり、自らがそう名乗ったりすることが多くなりましたが、細かく言えば、作詞作曲をするような音楽家は「ミュージシャン」であり、歌や踊りなどのパフォーマンスを披露する「歌手」や「パフォーマー」などを「アーティスト」と呼びます。
「アーティスト」という大きなジャンルの中に「歌手」や「ミュージシャン」と呼ばれるカテゴリーが内在しているのです。