HOME>一般常識>「観賞」「観覧」「閲覧」の意味と違い

一般常識

「観賞」「観覧」「閲覧」の意味と違い

「観賞」「観覧」「閲覧」の意味と違い

観賞・観覧・閲覧の意味と違いとは

「観賞」「観覧」「閲覧」は、どれも「見ること」を表すという点で共通していますが、それぞれ意味や使い方は異なります。しかし、うっかりすると混同して使ってしまうことも少なくありません。そうしたことのないよう、個々の意味合いをしっかりつかんでおきたいところです。

そこで今回は、「観賞」「観覧」「閲覧」の意味と違いなどについて解説したいと思います。

観賞とは

観賞

「観賞」とは、「美しいものを見て味わうこと」という意味の言葉です。あるものを見て、その美しさや趣きなどを味わい、楽しむことを言います。「桜の花を観賞する」「自然の美を観賞する」「水族館の生き物を観賞する」のように使われます。

「観賞」の「観」は、「目」や「人」などの象形から成っており、「よくみる」「見物する」などを表しています。「賞」の字は、「ほうび」や「(財貨を)与える」の意味ですが、「尊敬する・尊重する」の意味もあります。

「観賞」は、「何かを見物する」という点では「観覧」と違いがありません。しかし、見物する対象や目的に違いがあります。「観賞」の場合、見るのは主に草花や風景といった「自然物」であり、そうしたものの美しさを愛でるのが、「観賞」の主眼になります。

観覧とは

観覧

「観覧」とは、「見物すること」という意味の言葉です。芝居やイベント、絵などを見ることを指します。「大相撲を観覧する」「美術展を観覧する」「観覧席は大勢の人で埋まっている」のように使われます。

「観覧」の「観」は、前述のように「見物する」などを表します。一方「覧」の字は、「鏡に映して見る」などの象形から成り、「よく見る」「ながめる」などの意味を持ちます。

「観覧」は、上でも触れたように、「観賞」と意味合いに重なるところがあります。しかし、「観賞」が「(草花などの)美しいものを味わう」という趣旨を持つのに対し、「観覧」の場合は、単に「見物すること」のみを表すという違いがあります。

閲覧とは

閲覧

「閲覧」とは、「調べたり読んだりすること」という意味の言葉です。書物や書類、新聞、インターネットのウェブページといった、主に文章で書かれたものの内容を調べながら読むことを言います。「新聞を閲覧する」「図書館の閲覧室に入る」「サイトの閲覧数が増えている」のように使われます。

「閲覧」の「閲」という字は、「とびら」と「脱がせる」を表す象形から成っており、「(門の前で服を脱がせて)しらべる」を意味しています。

「閲覧」と「観覧」は、「何を見るか」や「何のために見るか」という点に違いがあります。
「観覧」の場合は、娯楽のために芝居などを見ることを指しますが、「閲覧」は文章の内容を調べるために読むことを指しています。「観賞」についても、「閲覧」とは違い「調べて読む」という意味はありません。この点は、使い分けのポイントになります。

「観賞」「鑑賞」「感賞」の意味と違い