HOME>一般常識>「革命」「革新」の意味と違い

一般常識

「革命」「革新」の意味と違い

「革命」「革新」の意味と違い

「革命」「革新」の意味と違いとは

「革命」と「革新」は、どちらも「革」の字が付く上に、意味合いも似通っています。一見しただけでは使い分け方がわかりづらい両者ですが、どのような点に違いがあるのでしょうか。それぞれの細かい特徴などが知りたいところです。

今回は、「革命」と「革新」の意味や違いなどについて、詳しく解説していきたいと思います。

「革命」とは

革命

「革命(かくめい)」とは、もともとは古代中国で天命があらたまり、王朝が交替することを意味していました。現在では、「被支配階級が支配階級を倒して政治権力を掌握し、社会体制などを急激に変革すること」の意味で使われます。また、「ものごとが急激に発展・変革すること」の意味も持ちます。

「革命」の「革」の字は、本来「獣の皮」を意味していますが、後に「あたらめる」「あらたまる」の意味も持つようになりました。一方「命」の字は、「いのち」の意味のほかに、「神様の命令」の意味も持ちます。

「革新」とは字面や意味合いは似ていますが、詳しい内容は違います。「革新」については後述しますが、「革命」の場合、「国家の政治や社会体制が根こそぎ変わること」を意味する点で、「革新」と使い分けることができます。

「革新」とは

革新

「革新(かくしん)」とは、「旧来の制度や組織、方法などをあらためて、新しいものにすること」という意味の言葉です。「システムの革新」「革新的な技術」のように使われます。また、政治においては「現状を改革しようとする立場」を指し、「保守」の対義語にあたります。

「革新」の「新」の字は、この場合「以前のものと違った状態にする」ことを意味しています。

「革新」と「革命」は、「新しいものにあらためる」という意味を持つ点で違いはありません。しかし、その詳しいあらため方は異なります。「革命」が上記のように、「政治や社会の仕組みを根本から変えること」を指すのとは違い、「革新」は「社会などの仕組み自体は変えず、内容だけをよりよく変えること」を指すようになっています。