HOME>一般常識>「改革」「革命」「変革」「改善」の意味と違い

一般常識

「改革」「革命」「変革」「改善」の意味と違い

「改革」「革命」「変革」「改善」の意味と違い

改革・革命・変革・改善の意味と違い

「何かを変える」という意味の言葉には、さまざまなものがありますが、中でも「改革」や「革命」「改善」といったものは、比較的耳にする機会が多くなっています。しかし、それぞれの詳しい意味については、あまり気にしたことがないという人も多いでしょう。一体これらの言葉には、どんな意味や違いがあるのでしょうか。今回は、「改革」「革命」「改善」の意味と違いについて、詳しく解説していきます。

改革とは

「改革」とは、「従来の制度を改めて、よりよいものにすること」という意味の言葉です。今まであった制度や仕組みを作り変え、より優れたものにすることを言います。読み方は「かいかく」です。
「改」は「変える」「直す」「新しくする」を表し、「革」は「あらたまる」「あらためる」を表しています。「苦難の末に改革を成し遂げた」「組織の改革がなかなか進まない」「いよいよ経営改革に乗り出す時だ」のように使われます。

「革命」との違いで言えば、「改革」は今までの制度・仕組みの枠組みを残すという点がポイントになります。後述するように、「革命」は枠組み自体を根本から変えてしまう行為なのに対し、「改革」は今ある枠組みはそのままにし、その上で大幅な変化・改良をもたらそうという運動となっています。

革命とは

「革命」とは、一般的には「統治体制が根本的に改められること」を指します。支配階級が被支配階級によって速やかに倒され、政治体制や社会体制が根本から変革されることを意味しています。読み方は、「かくめい」です。
「革命」の「革」は、上記のように「あらたまる」を指しますが、「命」はこの場合、「天命」を指しています。「易姓革命」という、古代中国の王朝の交代を説明する思想に由来した言葉です。

「革命」は上のような意味のほかにも、「ものごとが急激に変革すること」という意味があります。「産業革命」や「思想革命」などの使われ方です。この場合は、前にも述べたように、「枠組み自体の変換」が「改革」との違いになります。現在の仕組みや制度を、根本からがらりと入れ替えてしまうことが、「改革」の特徴です。

変革とは

「変革」とは、「変えて新しいものにすること」もしくは、「変わって新しいものになること」という意味の言葉です。ものごとの有り様を、すっかり様変わりさせる、または様変わりすることを指します。読み方は、「へんかく」です。「意識の変革が必要だ」「社会変革が起こった」などのように使われます。
「変革」の「変」は、「今までと違った状態にする」ことを意味しています。

「変革」は「改革」と同じ意味合いのようですが、内容にはやや違いがあります。「改革」が大元の仕組みを残すのに対し、「変革」は仕組み自体を取り去って新しいものにするという意味合いがあります。この点では「革命」とも似ていますが、「変革」には「統治体制を改める」という意味合いはありません。

改善とは

「改善」とは、「悪いところを改めて良くすること」という意味の言葉です。ものごとの良くない部分に手を付け、良い方向に改めていくことを指しています。読み方は、「かいぜん」です。「問題は以前より改善された」「この部分はまだ改善の余地がある」「待遇をもっと改善してほしい」のように使われます。

「改善」と「改革」は、意味合いは似ていますが内容には大きな違いがあります。「改革」が現状否定の観点に立った行為なのに対し、「改革」は現状肯定の立場に立っているのが特徴です。ですから、「改善」は基本的に今の方法や路線を維持したままで、部分的な手続き等を変えていくことになります。