HOME>一般常識>「時代」「世代」「年代」の意味と違い

一般常識

「時代」「世代」「年代」の意味と違い

「時代」「世代」「年代」の意味と違い

時代・世代・年代の意味と違いとは

「時代」や「世代」「年代」といった言葉は、ある時期を区切って言う際によく使われます。これらは普段何気なく使っているものの、詳しい意味合いや用法については、よく分からないという人も多いでしょう。一体この3つの言葉は、具体的にどんな違いがあるのでしょうか。

今回は、「時代」「世代」「年代」の意味と違い、使い分けのポイントなどについて解説していきましょう。

時代とは

時代

「時代」にはいくつかの意味があります。
まず1つは、「社会構造や政治形態、文化などの目安によって区分された、ある長さの歴史的期間」というものです。この場合は、「江戸時代」「封建時代」「石器時代」のように使われます。
もう1つは、「ある観点における一定の時の長さ」というもので、こちらは「時代は変わる」「地方の時代が来た」のような使い方になります。
また、「現代」の意味合いもあり、この場合は「時代の先端を行く」「時代の申し子」のように使われます。
さらに「人生のある時期」や「古びていること」の意味もあり、それぞれ「学生時代」「時代を感じる道具」のように使われます。

「世代」や「年代」との違いについては、以下で見てみましょう。

世代とは

世代

「世代」とは、「同じくらいの時期に生まれた年齢層」といった意味の言葉です。出生期をほぼ同じくする人々を指して言います。一般的には30年ごとを「1世代」としており、未成年、壮年、老年と、「世代」ごとにそれぞれのグループに分けられます。具体的には、「親の世代」のように使われます。

「世代」はまた、上の意味から派生して、「同時代の共通した価値観などを持つ人々」といった意味でも使われます。この場合は、「戦後世代」「世代間のギャップがある」のような使い方になります。このほか、「第5世代コンピューター」のように機械類に対して使われることもあります。

「時代」との主な違いは、「時代」が文化や出来事などで区切る分け方なのに対し、「世代」は人の年齢層による区分であるという点にあります。

全20種類!○○世代一覧

年代とは

年代

「年代」の意味合いも、いくつかあります。まず1つは、「時間の流れをある時期で区切ったひとまとまり」というもので、「1960年代」「80年代文化」のように使われます。もう1つは、「年齢がほぼ同じ人々」という意味合いで、こちらは「同年代の人」のように使われます。3つ目の意味合いは、「経過してきた年月」というもので、こちらは「かなりの年代ものだ」のように使われます。また、「紀元の年数」という意味合いもあり、こちらは「年代ごとの歴史を学ぶ」のように使われます。

このように、「年代」は「時代」や「世代」とほぼ同じような意味合いを持ちます。ただ、「時代」とは違い、「江戸年代」や「縄文年代」といった使い方はされません。また「世代」との違いでは、「年代」は機械類には使わないという点が挙げられます。