HOME>一般常識>「邦人」「日本人」の意味と違い

一般常識

「邦人」「日本人」の意味と違い

「邦人」「日本人」の意味と違い

「邦人」「日本人」の意味と違いとは

ニュースなどでよく使われる言葉に、「邦人」というものがあります。普段は何となく耳にしていますが、詳しい意味合いや、「日本人」という表現の違いについては、今一つ分かりにくいところでしょう。果たしてこの2つは、どのように使い分けられているのでしょうか。

今回は、「邦人」と「日本人」の意味や違いについて、詳しく解説していきたいと思います。

「邦人」とは

邦人

「邦人」とは、「自国の人」という意味の言葉です。その国の国籍を持っている人を指します。読み方は「ほうじん」で、「邦人保護」「在外邦人」などのように使われます。

「邦人」の「邦」という字は、「境界の決められた村」を表しており、そこから「国」の意味で使われるようになりました。その他に「日本」の意味も持ち、「邦画」「邦楽」のように使われます。

「邦人」という言葉は、上記のように「自国人」を意味していますから、アメリカから見た「邦人」は、アメリカ人であることになります。しかし、実際はそれとは違い、「邦人=日本人」の意味で使うことが通常です。ただ、日本国内にいる日本人に対してこの言葉を使うことはなく、通常は海外にいる日本人を指して使われます。

「日本人」とは

日本人

「日本人」とは、文字通り「日本国の国民」を意味する言葉です。日本の国籍を持つ人を指しています。読み方は、「にほんじん」と「にっぽんじん」の2通りがあります。「日本人観光客」「パリ在住の日本人」のように使われます。

「日本人」と「邦人」は、上で述べたように、実質的な意味の違いはありません。使い分けの基準については、主に「滞在期間」と「話題」の2種類があります。前者の場合、観光など短期の滞在については「日本人」が、海外勤務など長期の滞在については、「邦人(在外邦人や在留邦人などとも)」が一般に使われます。後者の場合では、事故や政治など堅い種類のニュースに関連する人については「邦人」を使い、反対に明るい話題や軽いニュースに関連した人については、「日本人」が多く使われます。

こうした違いを踏まえると、2つの使い分けがしやすいでしょう。