HOME>一般常識>「秘密」「機密」の意味と違い

一般常識

「秘密」「機密」の意味と違い

「秘密」「機密」の意味と違い

「秘密」「機密」の意味と違いとは

「秘密」の2文字は、週刊誌や小説など、日常生活のあちこちで目にするものです。一方、これとよく似た言葉に「機密」がありますが、この2つがどう違うのかご存知でしょうか。分かりそうでいて、意外にわかりづらい問題かもしれません。

そこで今回は、「秘密」と「機密」の意味や違い、使い分けのポイントなどについて詳しく解説していきたいと思います。

「秘密」とは

秘密

「秘密(ひみつ)」の主な意味は、「他人に知られないようにすること」「隠して人に見せたり教えたりしないこと」というものです。また、そうしたことがらについても言います。「あの事件はずっと秘密にしてきた」「彼との秘密がばれたかもしれない」のように使われます。

「秘密」には他にも、「一般に知られていないこと」「人の知らない奥の手」といった意味合いもあります。それぞれ、「宇宙の秘密」「成功の秘密」のように使われます。

「秘密」の「秘」の字は「内に隠して知られないようにする」を意味し、「密」の字は「隠して人に知られない」を意味しています。

「機密」との違いは、「対象の重大さのレベル」にあります。「機密」については後ほど詳しく述べますが、「秘密」は個人レベルの軽いものから、国家レベルの重大なものまで含む点が特徴です。

「機密」とは

機密

「機密」とは、「政治・軍事上、きわめて重要な事柄についての秘密」という意味の言葉です。「機密」の「機」は、「からくり」などを表す漢字ですが、この場合は「枢機(ものごとの主要な部分)」の意味合いになります。「密」は、前述のように「人に知られない」ことを意味します。読み方は「きみつ」で、「国家機密を漏洩した疑い」「軍事機密が敵国に漏れた」のように使われます。

「機密」と「秘密」は、どちらも「限られた範囲内にとどめられた情報」という意味で違いはありません。しかし、上記のように「情報の重大さ」においては違いがあります。「機密」の場合、主にもビジネスや政治、軍事に関わる重要な情報について使われる点が、「秘密」との使い分けのポイントです。つまり、「機密」は「秘密」に含まれる言葉と言うことができます。