HOME>一般常識>「ヒエラルキー」「カースト制度」の意味と違い

一般常識

「ヒエラルキー」「カースト制度」の意味と違い

「ヒエラルキー」「カースト制度」の意味と違い

「ヒエラルキー」「カースト制度」の意味と違いとは

「ヒエラルキー」というカタカナ言葉は、現在さまざまな場面で使われています。一方、これと似た言葉で「カースト制度」というものもよく耳にしますが、この2つはどのような点が異なるのでしょうか。詳しい違いが知りたいという人も多いでしょう。

そこで今回は、「ヒエラルキー」と「カースト制度」の意味や違いについて、わかりやすく解説していきたいと思います。

「ヒエラルキー」とは

ヒエラルキー

「ヒエラルキー」とは、「階層制」を意味する言葉です。組織体系の一種で、ピラミッド型に権力の上下関係が定められたものを言います。ドイツ語の「Hierarchie」に由来する外来語で、英語では「hierarchy」と書かれます。発音に関しては、ドイツ語の場合が「ヒエラルヒー」、英語の場合が「ハイアラーキー」と、いずれもカタカナ語のものと異なっており、「ヒエラルキー」は日本独特の発音になります。

現代的な「ヒエラルキー」構造の典型的な例が、軍隊や官僚、企業などです。いずれも少数のトップの下にいくつかの階層が分かれた形態で、下の層に所属する者ほど権力は少なくなります。

「カースト制度」との主な違いは、「階級制度か身分制度か」という点にあります。「ヒエラルキー」は階級制度であり、差別的な意味合いは少ない点で、「カースト制度」と使い分けられます。

「カースト制度」とは

カースト制度

「カースト制度」とは、本来「職業や地域などで分けられた、インド独特の伝統的な身分制度」を意味する言葉です。インド国内では現在法律で禁じられていますが、「カースト制度」に基づく上下関係は、いまだに根強く残っているとされます。また、現在の日本では、人間関係における厳しい上下の差や身分の優劣を指して、「○○カースト」と呼ぶことも多くなっています。この場合は、「スクールカースト」や「ママカースト」などと使われます。

このように、「カースト制度」は本来身分制度を指し、差別的な意味合いが強い点が、「ヒエラルキー」との違いになります。また、「ヒエラルキー」では階層間の移動が可能ですが、「カースト制度」ではできない点も、両者の違いになります。