HOME>ビジネス用語>「外注」「業務委託」の意味と違い

ビジネス用語

「外注」「業務委託」の意味と違い

「外注」「業務委託」の意味と違い

「外注」「業務委託」の意味と違いとは

「外注」や「業務委託」といった言葉は、社会人なら一度は聞いたことがあるでしょう。ただ、その違いとなると、意外に説明しづらい部分も多くなっています。果たしてこの2つの言葉は、どのような点が異なるのでしょうか。

今回は、「外注」「業務委託」の意味や違いについて、詳しく解説していきたいと思います。

「外注」とは

外注

「外注(がいちゅう)」とは、「自社以外の会社や工場に、仕事を発注してやらせること」という意味の言葉です。必要な業務の一部または全部を、自社とは別の会社等に依頼して負担してもらうことを言います。「部品の製造を外注する」「仕事のかなりの部分を外注に頼っている」のように使われます。

「外注」の「外」は、この場合「外部」の略になります。「注」は、「発注」「注文」を縮めたものです。つまり、「外注」は「外部への発注」の略語ということになります。

「外注」と「業務委託」の違いは、本質的にはありません。「外注」は仕事を外部に発注することについての大まかな言い方であり、「業務委託」は後述するように、その形態の1つとなっています。

「業務委託」とは

業務委託

「業務委託(ぎょうむいたく)」とは、「ある者が仕事を別の誰かに依頼すること」という意味の言葉です。自社で対応することができない業務について、他の会社や個人に頼んでやってもらうことを言います。受注者は発注者と対等な立場であり、自らの責任や裁量のもとに業務を行うことになります。「正社員から業務委託契約に切り替える」のように使われます。

「業務委託」は、上記のように「外注」と意味の違いがあるわけではなく、「外注」の形態の1つにあたります。ただ、「業務委託」という契約は法律上存在せず、民法では、「請負契約」あるいは「委任契約(準委任契約)」の2つに分かれます。
この2つの違いは「仕事の完成義務の有無」で、「請負契約」が成果物の完成を義務とするのに対し、「委任契約」は仕事の完成ではなく、業務の遂行自体を目的とする点で使い分けられています。