HOME>一般常識>「俯瞰」と「鳥瞰」の意味と違い

一般常識

「俯瞰」と「鳥瞰」の意味と違い

「俯瞰」と「鳥瞰」の意味と違い

「俯瞰」「鳥瞰」の意味と違いとは

「全体を俯瞰する」といった表現は、「高い視点でものを見る」という意味でよく使われるようになっています。一方、この「俯瞰」と似た言葉で「鳥瞰」というものを目にすることもありますが、両者はどのような意味の違いがあるのでしょうか。使い分けのポイントについても知りたいところです。

そこで今回は、「俯瞰」と「鳥瞰」の意味の違いについて解説したいと思います。

「俯瞰」とは

俯瞰

「俯瞰」とは、「高いところから見下ろし眺めること」という意味の言葉です。高所の視点から、周囲の低い場所を眺め渡すことを言います。読み方は、「ふかん」です。
「マンションの屋上から周辺を俯瞰する」「展望台から俯瞰してみると、市内の様子がよくわかる」のように使われます。

「俯瞰」の「俯」は、「ふせる」「うつむく」「横になる」などの意味を持つ漢字です。「瞰」の字は、「上から下を見る」の意味があります。つまり、「俯瞰」は「うつむいて上から下を見る」ことを表していることになります。

「鳥瞰」との違いは微妙で、辞書でも「俯瞰」と同義の言葉とされています。こまかい違いを挙げるなら、「俯瞰」の方がやや低い位置からの視点を指すようになっています。

「鳥瞰」とは

鳥瞰

「鳥瞰」とは、「高いところから広い範囲を見渡すこと」という意味の言葉です。また、この意味から転じて「全体を見渡す」という意味も持ちます。読み方は、「ちょうかん」です。「山頂に立って周囲の土地を鳥瞰した」「日本の経済状況を鳥瞰する」のように使われます。

「鳥瞰」の「瞰」の字は、前述のように「見下ろす」を意味しています。「鳥」の字は、文字通り空を飛ぶ鳥を表します。つまり「鳥瞰」は、「鳥が上空から地上を見下ろすように、高所から低い場所を見渡す」ことを表していることになります。

「俯瞰」とはほとんど同義の言葉ですが、上でも述べたように、視点の位置で使い分けることができます。「俯瞰」よりも「鳥瞰」の方が、高みから見下ろしている点が特徴です。ただ、一般的な使用頻度は「俯瞰」の方が多く、「鳥瞰」が使われるケースはそれほど多くありません。