HOME>一般常識>「ファン」「サポーター」の意味と違い

一般常識

「ファン」「サポーター」の意味と違い

「ファン」「サポーター」の意味と違い

「ファン」「サポーター」の意味と違いとは

スポーツを支えるのに欠かせない存在を「ファン」と呼びますが、これと似た言葉に「サポーター」というものがあります。特にサッカーにおいてはこの2つの言葉がよく使われますが、一体両者はどのように異なるのでしょうか。使い分けのポイントが知りたいところです。

そこで今回は、「ファン」と「サポーター」の意味や違いについて解説していきたいと思います。

「ファン」とは

ファン

一般的に言う「ファン」とは、「スポーツや芸能、また選手やチーム、芸能人などの熱心な支持者や愛好者」を意味する言葉です。「彼はプロ野球のファンだ」「コンサート会場には大勢のファンが詰めかけた」のように使われます。

「ファン」は英語にすると「fan」と書かれますが、これは「fanatic」という単語の短縮形になります。「fanatic」の意味は、「熱狂者」「狂信者」といったものです。

「ファン」と「サポーター」の違いは、特に明確に決められているわけではありません。ただ、サッカー協会の見解によると、「ファン=一般的な愛好家」を指すという点が、「サポーター」との違いにあたるとしています。一方の「サポーター」の定義については、この後紹介していきましょう。

「サポーター」とは

サポーター

「サポーター」には「布製の包帯」の意味もありますが、スポーツの応援において使われる際には、「支持者」「後援者」の意味になります。特に、サッカーにおける特定チームの熱心な支持者を指します。「彼女は子供のころからずっと、地元のサッカーチームのサポーターだ」のように使われます。

「サポーター」は英語で「supporter」と書かれますが、この言葉は「支持者」「支援者」「後ろ盾」などの意味を表しています。

上記のように、「ファン」とは明確な意味の違いはありません。その一方で、サッカー協会HPでの見解では、「サポーター=熱狂的なサッカーファン、特定のクラブチームを応援する支援者」としています。つまり「サポーター」は、熱狂度の高さや特定のチームだけをひいきにするという特徴において、「ファン」と使い分けられると言えます。

公益財団法人日本サッカー協会:JFA公式ウェブサイト