HOME>その他>「ブランドセーフティ」の意味とは?使い方や例文

その他

「ブランドセーフティ」の意味とは?使い方や例文

「ブランドセーフティ」の意味とは?使い方や例文

「ブランドセーフティ」の意味とは?使い方や例文

近年は、ビジネスシーンで「ブランドセーフティ」という言葉を聞く機会が増えました。しかし、その詳しい意味については、実のところまだよくわかっていないという人も多いでしょう。

そこで今回は、デジタルマーケティングの分野で注目度を増す「ブランドセーフティ」という言葉について、その意味や使い方などを解説していきたいと思います。

「ブランドセーフティ」の意味

「ブランドセーフティ」とは

「ブランドセーフティ」とは、簡単に言えば、「広告の表示が適切なWebサイトでなされていること」を意味する言葉です。文字通り、「ブランドの安全性(セーフティ)の確保」を指します。

インターネット広告はさまざまな場所に表示されますが、その中に違法なサイトや不適切なコンテンツなどが紛れ込んだりすれば、ブランドの価値は毀損されてしまいます。そうしたことがないよう、広告主ブランドの安全性を確保していこうとする取り組みが、「ブランドセーフティ」になります。

メディア側から見た「ブランドセーフティ」

上で述べた定義は、広告主側から見たものでしたが、メディア側の視点でも定義が可能です。この場合の「ブランドセーフティ」は、「掲載する広告に関するメディアブランドの安全性の確保」の意味になります。つまり、問題のある広告主の広告や、不適切な内容の広告などの掲載を避け、メディアのブランドの安全性を守ることを指します。ただ、こちらの場合に関しては、事前審査の形で以前からなされているため、上記のものほど話題になる頻度は高くありません。

「ブランドセーフティ」の重要性

ネット上に存在する膨大なコンテンツの中には、ポルノやヘイトスピーチ、著作権侵害といった不適切なものがかなりの数存在しますが、こうしたものに知らずに広告が掲載されるリスクは、以前より増えています。運用型広告が主流となってる現在のデジタル広告では、広告主が最終的な出稿先を全て把握・確認するのは、簡単ではないからです。実際に、YouTube上のヘイトスピーチ動画に大手ブランドの公告が表示されてしまい、大問題となったなどの事例がいくつか報告されています。一旦こうしたコンテンツに広告が掲載され、その事実が広まれば、ブランドに与えるダメージは計り知れません。このようなことを避けるために、近年は「ブランドセーフティ」がより強く叫ばれるようになっています。

「ブランドセーフティ」の使い方・例文

上では「ブランドセーフティ」の意味について解説しましたが、続いては実際の用法について見ていきましょう。ビジネス用語としての「ブランドセーフティ」の使い方は、以下の例文のようになります。

例文:「ブランドセーフティは、広告掲載先の品質を確保することで、ブランドの安全性を守ることを指す」

例文:「ブランドセーフティを軽視すれば、一瞬で顧客の信頼を失う可能性もある」

例文:「メディアのブランドセーフティを保つために、広告の審査は厳格に行っていこう」

例文:「CPCやCPAの追求より、まずはブランドセーフティに取り組むべきだ」

例文:「ブランドセーフティの対策としては、アドベリフィケーションツールで表示先ページの適切さを調べることなどが挙げられる」

「ブランドセーフティ」を保つには

ここまで「ブランドセーフティ」の意味や使い方について見てきましたが、「ブランドセーフティ」を保つには、具体的にどのような対策をすべきなのでしょうか。

まずは、「出稿するメディアの指定や除外を行う」ということが挙げられます。詳しい方法はツールなどにより異なりますが、メディアカテゴリで配信したくないメディアを選択したり、配信停止するコンテンツをブラックリスト機能で設定するなどの手法が主流となっています。

また、広告の表示先ページを1つずつ分析するというやり方も、手間はかかりますが有効です。この場合は、上の例文のようにアドベリフィケーションツールを使い、配信先のコンテンツが自社のブランドとマッチしているかなどの確認を行っていきます。