HOME>一般常識>「ブッキング」「バッティング」の意味と違い

一般常識

「ブッキング」「バッティング」の意味と違い

「ブッキング」「バッティング」の意味と違い

「ブッキング」「バッティング」の意味と違いとは

「ブッキング」と「バッティング」は、どちらも予約や予定に関する言葉です。共に似たイメージを持つことから、使い分けに迷いやすい両者ですが、実際には明確な違いがあります。では、具体的にどの点が異なるのでしょうか。

今回は、「ブッキング」と「バッティング」の意味や違い、使い分けのポイントについて解説していきましょう。

「ブッキング」とは

ブッキング

「ブッキング」とは、英語の「booking」をカタカナで表した言葉です。「booking」の意味は、「座席などの予約」「切符の販売」「(出演などの)契約」「(予約などの)記帳」といったものになります。カタカナ語として使われる場合も、ほぼ同様の意味合いを持ちます。「今夜のゲストには大物タレントをブッキングしている」「手違いで予約した席がダブルブッキングになってしまった」「今日の公演でオーバーブッキングが生じた」のように使われます。ちなみに、「ダブルブッキング」は同じ席の予約を二重に受けることを指し、「オーバーブッキング」は決まった枠以上の予約を取ってしまうことを指します。

「バッティング」との違いは、後述するように、それだけで予約が重なることを指すわけではない点にあります。

「バッティング」とは

バッティング

「バッティング」とは、英語の「batting」をカタカナ化した言葉で、野球における打撃や、ボクシングで頭などを相手にぶつける反則を指します。一方、日本独特の用法として、「予定が重なること」の意味合いもあります。これは、野球における打撃を、「(予定が)ぶつかる、かち合う」というニュアンスに重ねた表現になります。この場合、「この日はA君との約束とバッティングしてしまうから、別の日に会おう」のように使われます。

「ブッキング」と「バッティング」は、このようにはっきり意味が違います。「ブッキング」は、前述のように「予約」を意味する言葉で、そのままで「予定がかぶる」といった意味はありません。近い意味を表すのは、「ダブルブッキング」という表現になります。この点に気を付けて、両者を使い分けるようにしましょう。