HOME>ビジネス用語>「オーソライズ」の意味とは?使い方や例文、コンセンサスとの違い

ビジネス用語

「オーソライズ」の意味とは?使い方や例文、コンセンサスとの違い

「オーソライズ」の意味とは?使い方や例文、コンセンサスとの違い

オーソライズの意味とは?使い方や例文、コンセンサスとの違い

オーソライズの意味

「オーソライズ」とは、英語の動詞「authorize」をカタカナに移植した言葉です。「authorize」の意味は、「権威を与える」「正式に許可する」「認可する」「(~を)正当と認める」といったもので、「権威」や「認可」「許可」といった意味を持つ名詞「authority」の動詞形です。

一方、日本で使われる場合の「オーソライズ」は、「公認される」「承認される」または「正式な権限を与えられる」と言った似たような意味合いになります。

「オーソライズ」の具体的な使い方については、以下で例文と共に紹介していきましょう。

オーソライズの使い方・例文

上で見たように、日本語での「オーソライズ」は、「公認される」「権限を与えられる」などの意味合いがあります。一般的にはそれほどなじみはありませんが、ビジネス用語としては比較的耳にする機会の多い言葉となっています。ビジネスでの使い方も、基本的に先の意味合いと同様で、公的機関やそれに代わる権限を持つ存在から認定や承認を得ることなどに対し、「オーソライズ」という言葉が用いられます。
「authorize」は動詞であるため、日本語では通常、「オーソライズする」「オーソライズされる」という使い方がされます。ちなみに「オーサライズ」という表記がされることがありますが、これは「authorize」の読み方の問題のため、意味としては変わりません。

以下ではケース別の「オーソライズ」の使い方について、例文を挙げて紹介していきましょう。

ビジネスでのオーソライズの使い方

ビジネスで「オーソライズ」を使用する具体的なケースとしては、前述のように商品を公的な認証機関に通す際が挙げられます。
例えば、オーガニック食品をJAS規格に通すなどといったことが、これにあたります。また、公の認証はないものの、「社会的な権威を持つものとして認知されている」などの意味で「オーソライズ」を使う場合もあります。例えば新聞などのメディアに取り上げられた情報は、「オーソライズされた情報」として社会的な権威や信用が付与されます。

  • 例文:新商品のオーソライズがまだなので、早急な手続きが必要だ
  • 例文:この情報はオーソライズされたものだから、信用性は高い

パソコン用語としてのオーソライズの使い方

「オーソライズ」の使い方の例として、もう1つ有名なのが、パソコン用語としての用法です。例えば、ソフトウェアを海賊版のような不正なものと区別する際に、「これはオーソライズされたソフトだ」などと使われます。この場合は、「このソフトは正規のものである」という意味合いになります。
ソフトウェアをパソコンにインストールする際、「オーソライズ」が必要になるものがありますが、これはそのソフトを登録するにあたって、正規のものであることを確認する作業になります。

  • 例文:体験版でのオーソライズはできないため、製品版をインストールしてオーソライズしてください
  • 例文:音楽系のソフトウェアは、一般的にインストール後のオーソライズが欠かせない

医薬品でのオーソライズの使い方

「オーソライズ」がよく使われるもう1つの分野として、医薬品業界があります。
「オーソライズドジェネリック」という使い方ですが、これは「新薬の製造会社から特許の使用を許されたジェネリック」という意味合いになります。通常ジェネリック薬品(特許期限の切れた新薬と同成分の医薬品)は、オリジナルの薬と内容を全く同じにすることはできません。しかし「オーソライズドジェネリック」の場合は、先発薬の特許の使用許可を得ているため、内容や製法もほぼ同じにすることができます。また、通常のジェネリック薬品とは違い、先発医薬品の特許が切れる前に発売できるという特徴もあります。

  • 例文:この薬はオーソライズドジェネリックだから、信頼性も高いし値段も安いというメリットがある

コンセンサスとの違い

ここまでは「オーソライズ」の意味や使い方について見てきましたが、「オーソライズ」と似た言葉に「コンセンサス」があります。この2つにはどういう違いがあるのでしょうか。

「コンセンサス」は、「一致」や「総意」を意味する英語の「consensus」を元とする言葉です。「コンセンサスを得る」などのように使われますが、これは「同意を得る」という意味を持ちます。提示した案に対し、複数からの同意や承認を得る時などに使われます。「オーソライズ」は単なる同意でなく、公式の権威や正式な権利を得る際に使われる言葉なので、その点は大きな違いがあります。

最後に

以上、「オーソライズ」の意味や使い方について見てきました。

「オーソライズ」は「正式に許可する」などの意味を持つ英語「authorize」から来た外来語です。ビジネスシーンで使われる場合には、「公的な認証を得る」などの意味合いを持ちます。またパソコン用語としての使い方や、ジェネリック医薬品に対して使われる場合もあります。「コンセンサス」と意味は似ていますが、使い方は異なるので注意が必要です。