HOME>一般常識>「絶体」と「絶対」の意味の違い

一般常識

「絶体」と「絶対」の意味の違い

「絶体」と「絶対」の意味の違い

絶体と絶対の意味の違い

「ぜったい間違いありません」という場合の「ぜったい」は、「絶対」が正しいのでしょうか。それとも「絶体」なのでしょうか。多くの人が頭を悩ますところでしょう。果たして「絶体」と「絶体」はどういう意味で、どんな違いを持つのか知りたいところです。
そこで今回は、「絶体」と「絶対」の違いについて解説していきます。

絶体とは

「絶体」は「ぜったい」と読みますが、「絶対」とは違い、単独で使われる言葉ではありません。「絶体」という字を使う場合は、「絶体絶命(ぜったいぜつめい)」という四字熟語の一部として使うと決まっています。

「絶体絶命」の意味は、「どうしても逃れようのない、差し迫った状況や立場にあること」といったものです。この「絶体」と「絶命」は、どちらも「九星術」という古代中国の運勢判断術において、悪い運勢を示すとされる星を指します。そこから転じ、「助かりようのない窮状」を意味する言葉となりました。つまり、「絶体」は「絶体絶命」以外に使い道はないということになります。使い方としては、「主人公は絶体絶命のピンチに陥った」「絶体絶命に見えても、必ずチャンスはある」のようになります。

絶対とは

「絶対」も「ぜったい」と読む熟語ですが、「絶体」とは意味がまったく異なります。「絶対」の意味は、「他に比較するものがない」「何物にも制限されない」ということです。「相対」の反対語となります。「絶」は「たえる、なくなる」を意味し、「対」は「相手になる」を意味します。つまり、「相手になるものがない」ということを表しています。

「絶対」は「絶体」とは違い、単独で使われる言葉となっています。「絶対の真理」「絶対の存在」のように使われます。また、「絶対そうだと思う」絶対許さない「などのように、副詞的に用いられる場合もあります。

「絶対」は日常的に使われる機会も多いことから、「絶体」と混同されることも多くなっています。しかし、このように両者はまったく違う言葉のため、「絶対絶命」と書くのは間違いにあたります。