HOME>一般常識>対象、対照、対称の違い

一般常識

対象、対照、対称の違い

対象、対照、対称の違い

対象、対照、対称の違いについて

「対象」と「対照」そして「対称」はどれも「たいしょう」と読みますが、違う漢字が使われていることからそれぞれ意味が異なります。
どの漢字も中学校までには習う漢字のため社会人ならそれぞれの意味の違いが分かって当然となりますが、普段意識する機会も少ないため使い分けに悩むことも多いと思います。

ここでは対象、対照、対称の3つ違いについてご紹介していきます。

対象とは

目的や目標を指すのが対象です。
つまり「検査の対象」「課税の対象」など何かを指す場合に使われます。

範囲の外を意味する「対象外」や恋愛感情を抱く相手を意味する「恋愛対象」と言った言葉をイメージすると違いを覚えやすいと思います。

英語のターゲット(target)となる。

  • ボーナスは所得税の課税対象となります
  • 先輩は憧れの対象です
  • 補助金の対象外のため支援は受けられない
  • 高校生を対象した夏期講習の募集を行う
  • 対象商品のバーコードを集めて応募

対照とは

2つの物事を照らし合わせて比較することや、白黒や真偽、善悪と言った真逆を意味するのが対照です。

「照らし合わせる」と言った意味である「照」や2つの正反対の物事を意味する「対照的」を覚えておくと違いを忘れずにすむと思います。

英語ではコントラスト(contrast)となる。

  • 顔は同じでも性格が対照的な双子
  • 貸借対照表は決算書の1つ
  • 対照となる光と影をうまく表現した絵
  • 対照実験は実験の基本
  • 関東と関西では対照的な価値観を持つ人が多い

対称とは

2つの物事がつり合っていることを意味する対称。
「左右対称」や「上下対称」と覚えておくと違いを覚えやすいはずです。

英語ではシンメトリー(symmetry)となる。

  • 左右対称の顔が美男美女の条件
  • 線対称とは軸を基準に反転させた際に重なり合う図形のこと
  • 点対称とはある点を軸に180度回転させても形が同じである図形のこと
  • 回転対称性ってなんでしたっけ
  • 対称の反対は非対称だ