HOME>ビジネス用語>スケーラビリティの意味とは?例文

ビジネス用語

スケーラビリティの意味とは?例文

スケーラビリティの意味とは?例文
ビジネスシーンで使われる言葉には、カタカナ語が多く含まれます。特に近年は、IT業界由来のカタカナ語が次々に一般化するようになりました。「スケーラビリティ」もやはり、そうした言葉の1つになります。
システム開発などに携わる人にはおなじみの言葉でしょうが、それ以外の業界の人にとっては、まだまだ耳なじみが薄いかもしれません。

そこで本記事では、「スケーラビリティ」の詳しい意味と、具体的な使い方を例文付きで紹介していきたいと思います。

スケーラビリティの意味とは?

ビジネス用語としてのスケーラビリティの意味

「スケーラビリティ(scalability)」とは、英語で「拡大・縮小可能な」を意味する「scalable」の名詞形で、日本語ではよく「拡張性」や「拡張可能性」と訳されます。後述するように、もともとは電気通信やソフトウェア工学など、主にITの分野において使われていた言葉ですが、最近はビジネス用語としても使用されるケースが多くなっています。

ビジネス用語として使われる場合の「スケーラビリティ」は、経営においての事業やサービスの規模の拡張性を表します。別の言葉で言えば、「ある事業やサービスの規模を、ユーザーの増加に合わせて拡大する際、最初の満足度や使い心地を保ったまま拡大していけるか」ということが、ビジネスにおいての「スケーラビリティ」のテーマということになります。

IT用語としてのスケーラビリティの意味

上で述べたように、「スケーラビリティ」はもともとIT用語として使われだした言葉で、その後ビジネス用語としての用例が増えたという経緯があります。

IT用語としての「スケーラビリティ」の主な意味合いは、「ソフトウェアやシステムなどの拡張性(拡張可能性)」というものです。システム運用に際して、負荷の増大や用途の拡大などの要因に応じ、どれくらい柔軟にその性能や機能を拡張していけるかについて表す言葉になります。またソフトウェアにおいては、同一のソフトで小規模な機器・システムから大規模な機器・システムまで同じように対応できることを指す場合もあります。
スケールの実際の拡張方法には、「スケールアップ(性能の高い機器・システムへの交換によるもの)」と「スケールアウト(機器・システムの数を増やすなどの方法によるもの)」の2種類があります。

スケーラビリティの例文

ここまで「スケーラビリティ」の意味について見てきましたが、実際の使い方についても知りたいところです。この項目では、上の意味合いを踏まえて具体的な例文を5つ挙げて見ました。

例文①:起業を志すならば、常にビジネスの「スケーラビリティ」について考えておいた方がいい

例文②:多くの投資家は、「スケーラビリティ」のある事業計画に積極的に投資したいと考えている

例文③:「スケーラビリティ」の高いアイデアを持っているほど、ビジネスを始めるにあたっての金銭リスクは低くなる

例文④:システムの「スケーラビリティ」を考える際、「スケールアップ」と「スケールアウト」の使い分けについても重要になる

例文⑤:ごく簡単に言うならば、「スケーラビリティ」とは「何かをより大きな規模で行う」ということだ