HOME>一般常識>「内縁」「事実婚」の意味と違い

一般常識

「内縁」「事実婚」の意味と違い

「内縁」「事実婚」の意味と違い

「内縁」「事実婚」の意味と違いとは

「内縁」という言葉は、ニュースなどで時おり耳にするものでしょう。一方、これと似た言葉に「事実婚」がありますが、両者の違いがどの辺にあるのかご存知でしょうか。おそらく、うまく答えられないという人も多いと思います。

今回は「内縁」と「事実婚」の意味や違いについて解説していきますので、使い分ける際の参考にしてみてください。

「内縁」とは

内縁

「内縁」とは、「事実上の婚姻関係にあるものの、婚姻届の提出がないために、法律上は夫婦として認められていない男女の関係」という意味の言葉です。読み方は「ないえん」で、「内縁の妻」「内縁の夫」「内縁状態」のように使われます。

「内縁」の「内」は、「ある範囲の中」を意味します。「縁」の字は、この場合「ゆかり」「つながり」「関係」を表しています。

「内縁」と「事実婚」は、基本的な意味合いに違いはありません。しかし、「婚姻届を出さないことが意図的かどうか」という点で使分けることができます。「事実婚」が後述のように、カップルの主体的な選択として婚姻届けを出さないことを指すのとは違い、「内縁」は何らかの事情によって婚姻届けを出せない場合などを指すようになっています。

「事実婚」とは

事実婚

「事実婚」とは、「法律上の婚姻関係にはないものの、社会的には夫婦と同じような生活を送っている男女の関係」という意味の言葉です。「事実上の夫婦関係にある」という意味で、「事実婚」の字が当てられています。「婚」はもちろん、「婚姻」を指します。読み方は「じじつこん」で、「近年は事実婚を選ぶカップルが増えている」のように使われます。

「事実婚」と「内縁」は、上記のように基本的な意味合いは同じです。しかし、「内縁」が戸主や親の同意が得られないなどの理由によって入籍できないことを指すのに対し、「事実婚」は最初から入籍の意志がないことを指す点が違います。例えば「夫婦別姓の維持」や、「戸籍によって家族関係を管理されることに対し疑問がある」などの理由で、意識的に婚姻関係を否定する点が、「事実婚」の特徴となっています。