HOME>ビジネス用語>「メソッド」の意味とは?使い方や例文

ビジネス用語

「メソッド」の意味とは?使い方や例文

「メソッド」の意味とは?使い方や例文

「メソッド」の意味とは?使い方や例文

ビジネスシーンで使われるカタカナ言葉の中でも、「メソッド」は特によく聞かれるものの1つでしょう。「~のメソッド」「○○メソッド」などと使われますが、中には詳しい意味を知らないまま、何となく使っている人もいるかもしれません。

今回はそうした人のために、ビジネス用語としての「メソッド」の意味や使い方などについて、わかりやすく解説していきたいと思います。

「メソッド」の意味

ビジネスにおける「メソッド」

「メソッド(メソードとも)」とは、一般的には「方法」や「手法」などを意味する言葉です。ビジネスシーンで使われる場合も、基本的にこの意味と変わりません。経営上の意思決定や個々の業務についての、体系的な手法などを指します。

「このメソッドは~」などと単体で使われる場合もありますが、「○○メソッド」と他の語と結びつけて使われるケースも多くなっています。ビジネスシーンで特に多いのは、「ビジネスメソッド」という使い方です。「ビジネスメソッド」は、「仕事の効率や生産性の向上に役立つ方法論」を意味しており、後述するように、いくつかの種類があります。

ITにおける「メソッド」

「メソッド」という言葉は、ITの分野においてもよく使われます。この分野での意味は、一般的な場合よりも具体的かつ限定的です。

ITにおける「メソッド」とは、オブジェクト指向プログラミングのクラス(特定の機能や役割を持たせたプログラム)の1つで、「オブジェクトに対する操作を定義したもの」を指します。「オブジェクト」とは、プログラム内の個々の「モノ」のことですが、この「オブジェクト」には「属性(どういった性質か)」と「操作(どのように動くか)」の2つの要素があります。「メソッド」は、このうち「操作」について定義したもので、「オブジェクト(モノ)がどう動けるかを決めた手続き」であると言うことができます。

「メソッド」の由来

カタカナ語の「メソッド」は、英語の「method」という単語に由来しています。「method」の意味は、「(論理的で組織だった)方法、方式」「(一定の)順序」「筋道」などといったものです。例えば「Simple method」という場合は、「簡単な方法」の意味になり、「work with method」という場合は、「順序立てて仕事する」の意味になります。

「メソッド」の使い方・例文

「メソッド」の意味について分かったところで、実際の使い方についても見ておきましょう。ビジネス用語としての「メソッド」は、以下の例文のように使われます。

例文:「○○さんは、営業に関して独自のメソッドを持っている」

例文:「会社の業績を上げるには、人材を機能させるメソッドの構築が必須になる」

例文:「これまでの経営メソッドでは、市場の変化に対応できなくなってきた」

例文:「このビジネスメソッドをうまく活用することで、作業の効率を上げられるはずだ」

「ビジネスメソッド」の例

「メソッドの意味」の項目でも述べたように、ビジネスシーンで用いられる「ビジネスメソッド」には、いくつかの種類があります。ここでは、そのうち代表的なものについて紹介してみましょう。

PDCAサイクル

「PDCAサイクル」は、「ビジネスメソッド」の代表例ともいえるものです。「PDCA」のアルファベットは、次の単語の頭文字を取ったものになります。すなわち、

  • 計画(Plan)
  • 実行(Do)
  • 評価(Check)
  • 改善(Action)

の4つです。「PDCAサイクル」は、これら4つの流れを繰り返すことにより、継続的な業務改善を図るという手法になります。生産管理や品質管理などの業務でよく使われており、やるべきことが明確になる、課題点がわかりやすいなどのメリットがあります。ただ、よりスピード感が重視される現代では、まず現状評価から始める「CAPD」の方が効率的だとする意見もあります。

OODAループ

「OODAループ(ウーダ・ループとも)」は、元は戦闘機パイロットのための戦術として考案されたと言われています。こちらも「PDCA」同様、次の4つのフェーズの頭文字から成っています。

  • 観察(Observe)
  • 情勢への適応(Orient)
  • 意思決定(Decide)
  • 行動(Act)

「OODAループ」は、この4つの流れを素早く繰り返しつつ、調整をくわえていく点に特徴があります。本来は、戦場で個々の兵士が適確な判断を下すためのフレームワークでしたが、現在ではビジネスや政治での意思決定に応用されています。メリットは、「迅速な意思決定が可能」という点であり、現場の臨機応変な対応を実現する上で適しています。

最後に

以上、「メソッド」の意味や使い方などについて、いろいろと紹介してきました。

このように、「メソッド」はビジネスシーンでは、「業務や意思決定を行う上での一定の方式、手法」を意味しています。「一連のやり方」などと覚えておけば、わかりやすいでしょう。職場では頻出する用語なので、例文で示したような使い方は、しっかり踏まえておいてください。